バルコニーテラス下・外壁からの雨漏り 雨漏り調査で浸入場所を特定【愛知県知多市】

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、高浜市・半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経ホームビルダー」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

バルコニーからの雨漏りで困っている人。

バルコニーの屋根が気になっている人。

この記事で伝えたいこと

バルコニー下の部屋の天井からの雨漏りが発生していました。

バルコニーには、テラス屋根が設置されていました。

バルコニーのテラス屋根は洗濯物を干す上で、役立ちます。

また、サッシ上の外壁への雨掛かりをある程度、防ぐことができます。

しかし、完璧ではありません。

この記事では、バルコニーからの雨漏りに対する雨漏り調査をご紹介します。

お問い合わせはこちら

調査の概要

築20年のテラス屋根付きのバルコニーの雨漏り調査

工期:1日間

築年数:築20年

 

バルコニーテラス下・外壁からの雨漏り 雨漏り調査で浸入場所を特定

築20年のテラス屋根付きのバルコニーの雨漏り調査を行いました。

バルコニー下の天井から雨漏りが発生したとのことで、ご相談がありました。

お客様は、「テラス屋根から雨染みがあり、それで雨漏りしたのでは?」とお話がありました。

テラス屋根のパッキンが外れていて、散水試験でも雨染みは確認できました。

しかし、その雨染みとバルコニー下の雨漏りは関係性が低いので、それを示しながら、雨漏り箇所を特定しました。

バルコニーがある程度広い場合は、強風雨の吹込みで、バルコニーの床周辺からの浸水の可能性もあります。

バルコニーの手すり壁があり、テラス屋根が設置されていても、雨漏りする事例として、雨漏り調査を簡単に、ご紹介します。

 

調査手順

調査前

1階天井のクロスのひび割れから水滴が落下したとのことでした。

クロスのひび割れは確認できましたが、雨染み痕はわかりませんでした。

雨漏り調査

赤外線カメラで撮影しました。

天井に雨漏りの影響による温度変化は見られませんでした。

バルコニーのテラス屋根上を観察しました。

テラス屋根のパッキンは外れていました。

散水試験をして、テラス屋根からの浸水を調べましたが、室内への漏水はありませんでした。

パッキンが外れているので、テラス屋根からその下の外壁へ漏水は確認できました。

お客様は、この雨染みが雨漏りに関係しているのではないかと、心配されていました。

しかし、散水してもこの程度の漏水なので、問題ありませんでした。

 

サッシ下部への散水試験

テラス屋根の上部を一通り散水しましたが、1階への漏水はありませんでした。

そこで、雨漏りしている天井の真上を散水しました。

⇒問題なし。

サッシ横を散水しました。

⇒問題なし。

サイディングの目地の下方を散水しました。

すると、

赤外線の熱画像で、温度低下を示す箇所が確認できました。

やがて、天井のクロスから漏水が発生しました。

雨漏りした箇所に目印がついていましたが、丁度、同じところに滴下しました。

 

雨漏りの浸入箇所

散水試験をした結果、浸入箇所は、外壁目地のひび割れでした。

バルコニーは浸入の可能性が想定される箇所が多くあります。

雨漏り調査をしっかり行うが雨漏り修理の近道です。

 

屋根・雨漏りに関して、お悩みの方はお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
愛知県でお困りの方は、是非、ご相談・ご依頼くださいね!
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3 人中 3 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事