雨漏り修理に併せて、軒天材の交換を行いました。【愛知県刈谷市】

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、高浜市・半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経ホームビルダー」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

軒天を張替えしたい人。

雨漏り修理に併せて、家の修繕をしたい人。

この記事で伝えたいこと

屋根の雨漏り修理を行うときに、ときどき依頼されるのが、軒天の張り替えです。

瓦屋根では、軒天を木目調ベニヤ板としている住宅が多いです。

雨水が入り込んでいる軒天ベニヤは20年を超えるとはがれが発生することもあります。

そんなときは、併せて、軒天の張り替え工事を行います。

この記事では、雨漏り修理に併せて行った軒天張替え工事をご紹介します。

お問い合わせはこちら

工事の概要

屋根の雨漏り修理に併せて、軒天の張り替え工事を実施。

工期:1日間

築年数:築20年以上

 

雨漏り修理に併せて、軒天材の交換を行いました。

屋根の雨漏り修理を行うときに、ときどき依頼されるのが、軒天の張り替えです。

瓦屋根では、軒天を木目調ベニヤ板としている住宅が多いです。

雨水が入り込んでいる軒天ベニヤは20年を超えるとはがれが発生することもあります。

そんなときは、併せて、軒天の張り替え工事を行います。

軒天ベニヤ以外でも、ケイカル板などの軒天ボードがカビなどで変色している場合もあります。

屋根の軒先の軒天に不具合が多いです。

昔の仕様では、瓦屋根から雨をといへ入れるための軒先水切りが設置されていないためです。

強風雨の時、瓦の下に入り込んだ雨は、軒先で、軒天の中へ流れるルートになってしまうので、軒先側の軒天が劣化します。

屋根の雨漏りを止めた後に、軒天の張り替え工事を行います。

雨漏りの程度によっては、軒天の下地木材が腐朽していることもあります。

軒天は台風などの強風時、意外と重要な部分です。

台風などで屋根がひどく被害を受ける場合、軒天に被害が発生して、強風が軒天から屋根へ入り込むことが多いからです。

軒天が劣化している場合、早めに修繕されることをおススメします。

 

工事手順

工事前

雨漏りしていた部分の軒先側の軒天が穴が開くほど劣化していました。

こういう場合、念のため、シロアリの被害があるか、中を確認する必要があります。

そのため、軒天材の重ね張りではなく、張り替えをおススメします。

 

軒天の解体

古い軒天材を解体して、下地を確認します。

下地を確認したところ、腐朽や蟻害はありませんでした。

野地板の裏面に雨水が流れた染みはありましたが、腐朽はしていませんでした。

少しの雨染み部分は重ね張り

雨染みがわずかに発生している部分は、張り替えせずに、重ね張りしました。

 

下地の補強

軒天材の寸法に合わせて、下地材を追加補強します。

 

新しい軒天材の設置

新しい軒天材を設置します。

周辺をシールして完成です。

 

工事のビフォーアフター

工事前

工事後

軒天材は昔と全く同じものはないので、色合いは変わってしまいますが、安心です。

 

室内への雨漏りがなくても、軒天材が劣化してきたら、点検をおススメします。

屋根からの雨漏りが軒天に伝わっている場合もあります。

軒天材が劣化していると、巨大台風で、屋根被害が発生するリスクがあります。

雨漏り修理のついでの家の修繕やプチリフォームは、お気軽にご相談ください。

 

屋根・雨漏りに関して、お悩みの方はお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
愛知県でお困りの方は、是非、ご相談・ご依頼くださいね!
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事