金属屋根・ケラバ部からの雨漏り修理 捨て水切りを部分補修【愛知県名古屋市】

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、高浜市・半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経ホームビルダー」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

金属屋根からの雨漏りを直したい人。

金属屋根に葺き替えを検討している人。

 

この記事で伝えたいこと

金属屋根は雨漏りしにくい屋根材と言われています。

雨漏りしやすい場所は、ケラバ部や棟部となります。

雨漏りの原因は施工の問題で片付けられていますが、施工をずっと見るわけにもいかないですよね。

この記事では、金属屋根で雨漏りした原因とその修理方法をご紹介します。

お問い合わせはこちら

工事の概要

金属屋根のケラバ部からの雨漏り⇒ 捨て水切りを表面に出す部分補修

工期:1日間

築年数:約15年

 

金属屋根・ケラバ部からの雨漏り修理 捨て水切りを部分補修

「金属屋根の家で、天井から雨漏りして困っている」とご依頼をいただきました。

伺ってみると、片流れ屋根の横葺きのガルバリウム鋼板でした。

玄関上の収納部分から雨漏りしているようで、クロスが変色し、一部はがれていました。

屋根に上がってみると、片流れ屋根で、中庭のある複雑な屋根となっていました。

大体、雨漏りする場合は、屋根が複雑になっている場所が雨漏りに関係しています。

散水調査をして、ピンポイントの雨漏り浸入口を見つけて、部分補修で、直しました。

 

工事のビフォー・アフター

工事前の雨漏り調査

中庭によって、屋根が開口されているケラバ部に散水しました。

すると、雨漏りしている場所から漏水が確認できました。

天井下の壁のクロスが浮いている部分から漏水を確認しました。

金属屋根のケラバ部を散水すると、雨漏りすることが確認できました。

工事中

金属屋根をはがします。

片流れ屋根の棟側から解体して、平部の横葺きをはがしていきます。

太陽の日射で、金属屋根が高温となり、防水シートと金属屋根貼り付いて、防水シートがはがれてしまいました。

雨漏りの原因

雨漏りの原因としては、ケラバ部の捨て水切りにカシメが行われていました。

カシメるためには、捨て水切りに穴をあけることになります。

明らかに、施工ミスと思われます。

雨漏り修理

金属屋根をはがした部分の防水シートを補修するため、防水テープを金属屋根のお尻に貼り付けます。

ケラバ部の捨て水切りを金属屋根の上に出し、上からの水を金属屋根の表面で流れるようにします。

この部分を改善することで、雨漏りを防ぐことができます。

屋根の復旧

新しい防水シートを設置します。

金属屋根を復旧して、雨漏り修理の完成です。

 

工事後

ビフォー

ケラバ部の捨て水切りは屋根材の下を通って、軒先で水を排水している構造でした。

アフター

ケラバ部の捨て水切りの水は⇒の部分から屋根材の表面を流れるように補修しました。

大量な雨も金属屋根の表面を流れることで、雨漏りのリスクはなくなります。

金属屋根は雨漏りしにくい屋根材ですので、雨漏りする場合は、屋根の周辺部が原因の可能性が高いです。

ケラバ部はとくに、雨漏りしやすい場所ですので、施工が大事となります。

 

屋根に関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせくださいね。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
愛知県でお困りの方は、是非、ご相談・ご依頼くださいね!
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事