JASS12 屋根工事改定版講習会でした

お問い合わせはこちら

16年振りにJASS12が改訂されます

JASS12が16年振りに改訂されることに
なりました。
JASS◯◯と種類があります。
JASSて?・・・JASSは「日本建築学会」が
大正12年に建築施行技術の向上を図るために
委員会を設けて仕様書の標準化に着手したものです。

JASS12は屋根工事の標準仕様書となるので、
三州瓦が使用される仕様書となり愛知県陶器瓦工業組合・
組合員各社で作られる三州瓦の施行方法の標準となる
工法になりますので、各社参加して講習を受けます。

コロナ禍の影響でオンライン講習会です

三州瓦・愛知県陶器瓦工業組合の事務局
大会議室でオンライン講習会です。
本来ですと名古屋や東京などの会場で
広聴するのですが、コロナ感染予防で
組合でのオンラインでの講習となりました。

資料はコピーで配られているのですが、
画像を通してですとやはり見づらいし
講師の方の声も聴きづらくて・・・。

コピーも小さいので良く読めません。
正式に改訂された物をしっかりと読まなければ
なりません。

また、今回の講習で質疑や疑問点はFAXや
メールで受け付けてもらえるので、しっかりと
確認しないとたせめですね。

JASS12は瓦屋根だけではありません

JASS12は瓦屋根だけではありません。
プレスセメント瓦葺・住宅屋根用化粧スレート・
繊維強化セメント板葺・金属板葺・アスファルトシングル葺。

と詳細に分かれています。
雨漏りや台風や地震で何らかの被害があると
なんでもかんでも「瓦」と一括りにされてしまいますが、
実話、たくさんの種類があるので、
一度ご自宅の屋根材がなんであるか?を
ご確認されてみてはいかかでしょうか?
<(_ _)>

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3 人中 3 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事