隣家の屋根リフォームが原因の雨漏り 応急処置を実施 【愛知県東海市】

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、高浜市・半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経アーキテクチュア」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

屋根から雨漏りしている人。

隣家屋根が原因で雨漏りしている人。

とりあえず応急処置を検討している人。

この記事で伝えたいこと

「天井にシミがあり雨漏りしているかと心配で点検してほしい。」とご相談いただきました。

伺ってみると2軒長屋タイプの建物で、隣家と屋根が一体化していました。

雨漏り調査してみると隣家の屋根から漏水することが確認できました。

お客様の事情に応じて、隣家トラブルをさけるため応急処置だけ行いました。

簡単にご紹介します。

お問い合わせはこちら

工事の概要

隣家の屋根リフォームが原因の雨漏り  応急処置だけ実施

工期:1日間

築年数:約30年

隣家の屋根リフォームが原因の雨漏り

「天井にシミがあり雨漏りしているかと心配で点検してほしい。」とご相談いただきました。

伺ってみると2軒長屋タイプの建物で、隣家と屋根が一体化していました。

お客様の屋根は塗装メンテナンスをされていて、隣家の屋根はガルバリウム鋼板のカバー工法でリフォームされていました。

天井のシミの原因を探るため、雨漏り調査を行いました。

隣家の屋根との境界部分を散水すると天井に漏水を確認しました。

勝手に隣家の屋根を修理することもできないため、すぐにはがすことができるアルミ防水テープを貼って、応急処置だけ行いました。

幸いにも、隣家の屋根リフォームは大手ハウスメーカーが行ったそうなので、雨漏り調査内容の資料をもとに、相談すれば対応してもらえる可能性が高いとお客様のお伝えしました。

簡単に、応急処置工事の様子をご紹介します!

 

雨漏りの状況

雨漏り箇所

隣家の2階天井にシミが発生していました。

この程度の薄いシミは小動物の糞尿の可能性もあります。

赤外線サーモグラフィ調査で熱画像を確認しましたが、水分による温度低下は見られえず、乾燥した状態となっていました。

屋根上を確認

屋根上を確認しました。

お客様の屋根はグレーの折板屋根です。

隣家の屋根は白っぽい屋根です。

お客様の屋根はグレーの折板屋根となっていて、隣家の屋根はガルバリウム鋼板のカバー工法となっていました。

その境界部分に水色の折板屋根があり、この状態が新築からの折板屋根の状態です。

雨漏り調査

天井上の折板屋根に雨漏りの要因となるものはありませんでした。

隣家の屋根を見ると問題がありました。

カバー工法屋根の端部が折板屋根の谷部(水が流れる部分)にビス留めされていました。

これは屋根屋なら絶対行わない御法度の行為です。

そこで、谷部に散水してみました。

熱画像を確認すると漏水による温度低下が確認できました。

目視でもシミが濃くなっていることが確認できました。

天井板と廻り縁の間にも漏水によって濡れていました。

 

工事内容

応急処置工事

隣家の屋根に絡む部分なので、すぐに復元できるようにアルミ防水テープを貼って止水する応急処置を行いました。

折板屋根の谷部をアルミ防水テープで端から端まで貼りました。

とくに、ビスの部分にはしっかりとアルミ防水テープを何度も貼り、止水に心がけました。

お客様の事情に応じた屋根工事を行うことが雨漏り修理には必要と考えます。

隣家とのご近所トラブルを避けるために、応急処置だけ行うことも屋根屋にとって必要な判断だと思います。

 

屋根・雨漏りに関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事