雨漏り修理に併せて外壁シーリング&塗装メンテナンス 【愛知県あま市】

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、高浜市・半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経ホームビルダー/日経アーキテクチュア」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

外壁から雨漏りしている人。

外壁のメンテナンスを検討している人。

 

この記事で伝えたいこと

外壁からの雨漏りしているとご相談をいただきました。

お伺いしてみると、外壁サイディングの目地のシーリングがはがれて、サイディングとの間に隙間が発生していました。

雨漏り部分を補修して、併せて、外壁メンテナンスとして全面のシーリング&塗装を行いました。

雨漏り修理を先に行うことが重要です。

お問い合わせはこちら

工事の概要

窓まわりからの雨漏り⇒ 一部サイディングの張り替えして補修&全面メンテナンス塗装

工期:10日間

築年数:約10年

 

雨漏り修理に併せて外壁シーリング&塗装メンテナンス

「外壁から雨漏りしている」とご相談をいただきました。

伺ってみると、全体的に外壁サイディングの目地はシーリングとサイディング本体に破断が起きて隙間が開いていました。

ここで重要なのは、全面塗装すれば雨漏り修理できると安易に思ってはいけないということです。

まずは、部分的に雨漏り修理をしてください。

その後に、併せて、外壁のメンテナンスとして、全面のシーリング&塗装を行いましょう。

この順番を間違えるとなかなか直らない雨漏りへ突入してしまいます。

簡単にご紹介します。

 

工事のビフォー・アフター

雨漏り箇所

◎ビフォー

サッシまわりのシーリングがサイディングの間に隙間が発生していました。

サイディング内に問題があるため、サイディングを一旦、はがして内部を補修して、新しくサイディングを設置します。

雨漏り修理を行った後で、併せて、外壁メンテナンスとして、全体のシーリング&塗装を行うことがポイントです。

◎アフター

異なるサイディングを張っても外壁塗装することで、違和感はなくります。

10年経過すると同じ柄のサイディングは廃盤品となっている場合が多いです。

外壁コーナー部

サイディングの場合、同質のコーナー部材を使用します。

コーナー部材とサイディング本体の間の目地が破断しやすいです。

◎ビフォー

建物の動きがあり、コーナー部などはその歪みが発生しやすい所となります。

コーナー部本体にヒビ割れが発生したり、目地のシーリングがパックリと破断します。

シーリングは打ち替えをします。

サイディングのヒビ割れ部分もシーリングで埋めます。

その後塗装をして、メンテナンス完了です。

◎アフター

外壁全体

◎ビフォー

外壁本体の塗装面は著しい劣化までは発生していないのですが、シーリングは隙間だらけでした。

◎アフター

全面シーリング&塗装を行うことで、外壁の印象はよみがえります。

 

全面塗装したのに、雨漏りが直らないとよくご相談をいただきます。

塗装と雨漏り修理は別物なので、まず、雨漏り修理を行いましょう。

雨漏り修理はしっかりと雨漏り調査してから行う業者をお選びください。

 

雨漏りに関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせくださいね。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
愛知県でお困りの方は、是非、ご相談・ご依頼くださいね!
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事