新築・住宅購入時の裏技!「屋根を少し考えるだけで」。住宅ローン金利1%分お得になるかも?? 

住宅のトータルコストを大幅に下げるお得な情報!!

 

新築住宅/住宅購入をご検討の皆様へ

「よーし!マイホームを買おう!」

奥様や子供さんの圧力によって、ついに、人生最大の買い物の決断をしたあなた!

これからいろいろな選択にせまられることでしょう。

いろいろな人がいろいろな事を言うので、何を信じていいのやら?

不安になっていることだと思います。

(私もそのときは、とっても不安だったから・・・)

f:id:capuriclub:20170512175248j:plain

◎建売住宅を買うか、土地を買って家を建てるか?

◎物件探しをどうするか?

◎住宅ローンをどうするか?

◎・・・

特に、住宅ローンについては、金利によって総返済額が大きく変わりますので、慎重になりますよね・・・

そんなあなたに耳よりの情報があります。

「屋根を少し考える」だけで、住宅ローンの金利差1%以上のお得が・・・

あまり知られていませんが、屋根のプロとして正しい情報を伝えたいので、少しの時間、お付き合いください・・・

f:id:capuriclub:20170512192049j:plain

 

住宅ローンを考えてみた

住宅ローンには大きく分けて民間融資、公的融資、協調融資という3つの種類がある。

それぞれの特徴を確認しながら、自分に合った種類をお選びくださいね・・・

【フラット35】とは?

ここでは、わかりやすく比較できる【フラット35】(変わらない固定金利が魅力)で検討します・・・

f:id:capuriclub:20170512180713j:plain

【フラット35】は、住宅金融支援機構と民間金融機関との連携で行われる融資。(協調融資)

借入時に決められた金利がずっと適用される「長期固定金利」が特長で、一定基準に適合する住宅の購入、建築に利用できる。(返済期間35年がとなると、最低35年間住める住宅性能がないとだめ)

窓口になるのは民間金融機関で、金融機関によって金利が異なります。

単純な比較

金利の違いはどれくらいの総返済額の差になるか?みてみます。

条件1.借入金1,500万円を返済期間35年で、融資金利1.00%、返済方法は元利均等

条件2.借入金1,500万円を返済期間35年で、融資金利2.00%、返済方法は元利均等

条件1と2の条件の違いは、金利1%。

すると、35年間の返済では、

条件1 毎月4.3万円 総額1,779万円

条件2 毎月5.0万円 総額2,087万円

⇒差額は308万円となります。(借入金1,500万円の約20%にあたります)

f:id:capuriclub:20170512175336j:plain

結構、大きな差になりますね・・・

もう少し具体的な比較

それでは、もう少し具体的な設定での比較をしてみます。

Aさんは35歳、結婚して6年目です。

子供は2人、「そろそろ、マイホームがほしい」と検討中。

運良く、親の敷地内に住宅を建てようという話に・・・

f:id:capuriclub:20170512181215j:plain

頭金300万円で、借入金3,000万円、返済期間35年を考えています。

この条件の現在のフラット35では、融資率が9割以下となるため、

融資金利1.060~1.630%の金利の範囲(最高~最低で、0.570%の差となっていますので、

最低金利1.060%の場合:毎月8.6万円 総額3,593万円

最高金利1.630%の場合:毎月9.4万円 総額3,939万円

差額は346万円となります。

総建設費3,300万円の1割以上であり、大きな差額となってきますね・・・

そのため、少しでもいい条件で借りたいといろいろ比較検討するので、苦労しますよね・・・

 

「屋根を少し考えるだけで」

そこで、本題に入ります。

建てる住宅の屋根について、Aさんに考えてもらうことにしました。

屋根を少し考える

Aさんが検討した屋根は3つです。

①お母さんが「屋根は安い方がいいのでは?」と勧めた・・・化粧スレート屋根

f:id:capuriclub:20170512182149j:plain

 

②友達の神谷が「屋根は瓦がいいのでは?」と勧めた・・・瓦屋根

f:id:capuriclub:20170512182301j:plain

 

③工務店さんが「屋根は軽い方がいいのでは?」と勧めた・・・金属屋根(ガルバリウム鋼板)

f:id:capuriclub:20170512182330j:plain

以上、3つの屋根でシミュレーションを行いました。

 

3つの屋根のシミュレーション(返済期間と同じ35年間の総費用)

新築時の屋根の価格は、

①化粧スレート屋根 50万円

②瓦屋根 80万円

③金属屋根 60万円

ということで、瓦屋根が20~30万円高くなります。

この価格差があるので、瓦は高いと一般の方へ刷り込まれています・・・

住宅コストは新築時購入時だけではなく、住んでいる間も発生します!(いわゆる、維持管理費とかライフサイクルコストといわれるもの)

そこで、35年ローンということで、35年間の維持管理費についても検討しました。

すると、驚愕(きょうがく)の事実が

f:id:capuriclub:20170512182452j:plain

 

 

①化粧スレートは表面が塗装仕上げの商品のため、10年毎に再塗装が必要となります。

 

f:id:capuriclub:20170512191935j:plain

すると、10年目、20年目に約90万円ずつ必要となります。

さらに、30年目に葺き替えを行うので、約220万円ぐらい必要です。

35年間の合計で450万円以上の費用となります。(化粧スレート屋根)

 

②瓦は塗装品ではないので、再塗装の必要がありません。

さらに、60年以上は大丈夫と言われていますので、30年目に葺き替えることもありません。(公的なCASBEEいう規格では、瓦屋根は60年と規定)

35年間の合計で80万円しか費用はかかりません。(瓦屋根)

 

③金属屋根は表面が塗装仕上げの商品のため、10年毎に再塗装が必要となります。

すると、10年目、20年目に約90万円ずつ必要となります。

さらに、30年目に葺き替えを行うので、約230万円ぐらい必要です。

35年間の合計で470万円以上の費用となります。(金属屋根)

 

Aさんは②瓦屋根を選ぶことで、370~390万円以上もお得になります。 

このシミュレーション結果からAさんは迷わず②の瓦屋根を選ぶことでしょう。

皆さんは”瓦屋根がとても高い”と刷り込まれていたのではないでしょうか?

実は、瓦屋根は圧倒的に安いのです・・・

それでも伝わらない・・・

しかし、ここまで説明しても、まだ、伝わっていない方も多いのでは?

・”瓦が安い”と急に言われても?

・そうは言っても、「屋根は軽い方がいい」と工務店さんがいうから・・・

・屋根には興味がないから、どちらでもいい・・・

・新築時は、一番安い屋根でいい・・・

確かに、屋根を選ぶ基準はいろいろあります。

 

そこで、住宅を購入しようと考えている皆様がよくわからない・・・けど、損したくないから必ず比較する”住宅ローンの金利差””屋根を少し考えた差”を比較してみます。

 

”住宅ローンの金利差””屋根を少し考えた差”の比較

住宅ローンのシミュレーションは目にされた方も多いと思います。

しかし、屋根のシミュレーションは初めてではないでしょうか?

そこで、屋根のシミュレーション結果と住宅ローンのシミュレーション結果を比較してみます。

まず、単純な比較(借入金1,500万円の金利1%分と比較)してみますと、

屋根(瓦-スレート・金属)の差額380万円>住宅ローン(金利1%分)の差額308万円

 ⇒瓦屋根は住宅ローン金利マイナス1%以上の効果がある

具体的な比較(借入金3,000万円のフラット35最大金利差0.57%分と比較)してみますと、

屋根(瓦-スレート・金属)の差額370万円>住宅ローン(金利0.57%分)の差額346万円

瓦屋根はフラット35の最大金利差0.57%分以上の効果がある

”屋根を少し考えた差”(35年間で370~390万円差)は、「屋根?」とピーンとこなくても、”住宅ローン金利マイナス1% 以上お得”、なら心が動いたのではないでしょうか???

住宅ローン金利差が1%あれば、銀行の営業マンが借り換えを勧めてきます。

そして、ほとんどの方は借り換えをされるのではないでしょうか?

大げさに言うと、住宅ローンをどこで借りるか検討する前に、「屋根を瓦とする」決定の方が「お金を考える」上では重要なのかもしれませんね・・・

f:id:capuriclub:20170512193013j:plain

 

最後に・・・

ここまで、読んでいただきありがとうございます。

もしかすると、なぜ、このことをみんな知らないのか?と疑問を持たれた方がいるのでは・・・?

それは、今までの住宅は、30年程度で建て替えされていたので、屋根の差は注目されていなかったからです。

(30年で壊す家の屋根は、30年でボロボロになってもよかったのです・・・)

f:id:capuriclub:20170515084400j:plain

また、残念ながら屋根を10年毎に再塗装した方が、商売になると考えている建築会社も数多くありますので・・・

結局、屋根の正しい情報は、一般のお施主さまへ屋根屋が発信するしかないのです・・・

もちろん、住宅の仕様は”費用”だけを基準に選ぶものではありません。

地域性、敷地条件、業者による建設条件やデザイン性、生活様式など、他にも、いろいろな基準で選ぶことになります。

その1つに「屋根を少し考えるだけで」の効果も入れて選んでほしいのです。

大切なマイホームですから・・・

 

まとめ:「屋根を少し考えるだけで」370万円以上お得!(金利1%以上分)

・「屋根を少し考える」ことは住宅ローンをどこで借りるか検討することより重要

・「屋根を少し考える」ことで、住宅ローン金利1%分よりも費用削減できる

住宅の他の部分(壁、サッシ、基礎、設備など)において、材料の選択によって、屋根ほど大きな差がでる部分は他にありません。

住宅ローン金利1%の差があれば、100人中99人は、安い金利に借り換えを行うことでしょう!

くどいほど言いますが、瓦屋根を選択することはそれ以上の効果があるのです。

住宅購入において、「屋根を少し考えるだけで」の効果を是非、活用してくださいね~!

専門用語もあり、わかりにくい所もあったかと思います。

できるだけやさしくご説明いたします!

ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください!

お電話でも大丈夫ですよ!(担当:神谷あきのり)

お問い合わせはこちら
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 5 人中 5 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事