熱田神宮の屋根 (名古屋)

お問い合わせはこちら

熱田神宮に初詣に行きました。 (名古屋)

{FD9BAD00-8AF4-404D-A421-CEB947046DE8:01}
{C6BB69E9-A37A-4E06-8C7C-7692A7FD95C1:01}
屋根は銅板葺きが多くありました。
{BA982130-C21B-4486-95B7-4F833B072638:01}
{53FC6F3D-2669-4BAB-9A97-B985A619FF9C:01}

熱田神宮の特徴は、信長塀があり、瓦が使われていました。

{153F000A-B69C-4B6A-B8EC-8EBFA41E523B:01}

土と石灰を油で練り固めて、瓦を積み重ねて、上部を様瓦で葺いた優雅で重厚な築地塀です。

熱田神宮に必勝祈願してのぞんだ桶狭間の合戦に大勝した御礼に奉納したそうです。
{E276484C-C4CB-4769-B7F1-38FE2155BD47:01}

一部、天然木材の屋根もありました。

また、隣接していて、初えびすが行われる上知我麻神社の屋根は銅板葺きと瓦でした。
{2DA07A1C-4C79-485F-815C-B7AAD5C7D1CD:01}
{11222152-F2C2-4446-86DB-10B6C199C39C:01}

三大神宮の中の伊勢神宮熱田神宮でも、見比べますと建物や屋根の様式が違っていました。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事