パミールSの葺き替え 含水率の高いパミールは葺き替えましょう!【愛知県名古屋市】

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    屋根業界では、問題が指摘されているスレート屋根:パミール(ニチハ製)に関して、
    初めて、住宅業界雑誌・日経ホームビルダーに取り上げられました。
    [スクープ]ニチハの屋根材が飛散し近隣の窓割る

    弊社のパミール屋根・葺き替え現場をご紹介します!

お問い合わせはこちら

工事の概要

屋根材:パミールS ⇒ コロニアルグラッサ

工期:1週間

築年数:20年(2回目)

パミール屋根とは?こんな特徴があります。

パミールは分類するとスレート屋根の仲間になります。

パミール屋根が大きく問題になっているのは、パミール自体のはがれが発生するからです。

どんな感じの屋根かといいますと、

スレート屋根材の表面が波打っているように見えます。

これがパミールの特徴で、早ければ築6年程度で、徐々に発生してしまうのです。

アップで見てみると、

このようにパミールの端部がはがれています。

パミール自体も数種類あり、上の写真はパミールS和瓦調(厚み6mm)というタイプですが、レアなパミールとなります。

パミールの種類としてはその他にも、パミールA、パミールMなどもありますので、自宅の屋根が不安な方は、お問い合わせください。

パミール屋根を葺き替える

古いパミール屋根をめくる

パミール屋根をめくります。

パミールは他の屋根材に比べて、水分を極端に多く含む性質があります。

そのため、めくってもみると、くぎやステープルが錆びています。

錆びたくぎに関しても、日経ホームビルダーでは記事を紹介しています。

「スクープ」下請けのくぎかニチハの屋根材か、落下原因巡り6年超の裁判

[スクープ]ニチハの屋根材が飛散し近隣の窓割る

このような性質は屋根にとっては、いろいろとマイナスになるため、弊社ではカバー工法ではなく、葺き替えを推奨しています。

新しい防水シートをはる

防水性の高い改質アスファルトルーフィングを施工します。

コロニアルグラッサを葺く

新しくコロニアルグラッサを葺きます。

完成するとこんな感じです。

壁際などの取り合い部を考えると同じスレート屋根で、葺き替えることが費用的には安価となります。

お客様にとっては、予想外に早く、メンテナンス費用が発生することになります。

なるべく、安価にというご要望には、スレート屋根の葺き替えをおススメしています!

屋根に関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事