フラット屋根・屋上からの雨漏り 屋上防水の雨漏り補修【岐阜県岐阜市】

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    フラット屋根の屋上からの雨漏り補修依頼を、ちょくちょくいただきます。
    雨漏りの原因は様々ですが、屋上防水の雨漏り補修をご紹介します!

お問い合わせはこちら

工事の概要

2F天井から雨漏り 陸屋根の屋上シート防水層の補修

工期:10日間

築年数:約20年

 

雨漏り補修工事 フラット屋根の屋上からの雨漏り

「2F天井から雨漏りしているけど、直せますか?」とご依頼をいただきました。

台風でかなり大量に雨漏りをしたそうです。

長年、シート防水層が補修をされていないようで、雨漏りの浸入箇所となりそうな部分が数か所ありました。

順番に散水調査を行って、浸入箇所の特定を試みました。

フラット屋根は構造によっては、散水から雨漏り箇所へ漏れるまでに、時間のかかる場合もあります。

この物件は、その構造で、最初の散水開始から3時間以上経過して、漏水しました。

その間に、あやしい所を数か所、散水したために、ピンポイントの特定はできませんでした。

しかし、経年劣化もひどかったので、屋上防水全面を補修しました。

工事の内容を簡単にご紹介します!

 

工事のビフォー・アフター

工事前の雨漏り

2F 天井に染みがあり、染みの場所も数か所もありました。

丁寧な散水調査を実施

雨漏りしている上部は、浸入口となり得るものが多くありました。

順番に散水を行いましたが、室内へ滴下するのに、3時間以上もかかりました。

ピンポイントで特定することはできませんでした。

全体的に経年劣化がひどく、雨漏りを止めるに屋上全体を改修しました。

工事中

屋上防水の改修の流れをご紹介します。

・工事前

・高圧洗浄

・笠木の撤去

・脱気塔の撤去

・通気緩衝シートの設置

・防水層の立ち上がり部分の改修

・新規脱気塔の設置

・排水ドレンの改修

・防水層施工

・新規・立下りの大きいアルミ笠木の設置

・シーリング処理

工事後

フラット屋根の屋上全面の防水層を改修しました。

フラット屋根は屋上防水層が劣化すれば、必ず雨漏りしてしまいます。

定期的なメンテナンスが必要な構造なので、ご承知おきください。

 

屋根に関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
愛知県でお困りの方は、是非、ご相談・ご依頼くださいね!
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3 人中 3 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事