金属屋根からの雨漏り ガルバリウム鋼板・立平葺きに葺き替え【愛知県南知多町】

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    金属屋根からの雨漏りでした。
    屋根材の心木あり瓦棒葺きがボロボロに錆びていました!
    立平葺きに葺き替え修理した事例を簡単にご紹介します!

工事の概要

金属屋根からの雨漏り 金属屋根をはがしてガルバリウム鋼板・立平葺きに葺き替え

工期:3日間

築年数:約30年

金属屋根からの雨漏り ボロボロの錆びた屋根材をはがして、立平葺きに葺き替えしました!

「金属屋根がボロボロになっているので見てほしい」とご依頼をいただきました。

心木あり瓦棒葺きの軒先部が錆びていました!

築30年経過しているそうですが、表面の塗装では、追いつかないほど、裏面・軒先が錆びていました。

瓦屋根の下屋に施工されていたので、瓦をめくり、瓦棒葺きを解体しました。

下屋の勾配がゆるかったので、立平葺きに葺き替えました!

金属屋根は部分修理はできないので、金属屋根で葺き替えとなります!

工事の内容を簡単にご紹介します!

 

工事のビフォー・アフター

工事前

心木あり瓦棒葺きの軒先部分に雨水がまわって、ボロボロに錆びていました。

 

工事中

金属屋根の上に絡んでいる瓦を外します。

瓦の下には、金属屋根の棟包み板金があります。

棟包み板金をはがしてみると、貫板(ぬきいた)が雨水による痕が見られました。

貫板をはがすと、瓦棒葺きがボロボロに錆びていました。

キャップをはがすと、裏面がかなり錆びていました。

心木も雨水浸入の痕が見られました。

心木も取り外します。

古い心木あり瓦棒葺きをはがして、解体は終わりです。

新たに、立平葺きを施工しました。

瓦を戻して、完成です!

工事後のビフォーアフター

補修前

補修後

金属屋根は定期的に表面の塗装が必要です!

しかし、裏面に錆びが発生すると、メンテナンスはできないので、葺き替えとなります!

現在は材質がガルバリウム鋼板となっているので、30年程度は持つと思います!

 

屋根に関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
愛知県でお困りの方は、是非、ご相談・ご依頼くださいね!
詳しくは、こちらをご覧ください!
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事