ドローンでの屋根点検でスズメの巣を発見しましたよ (‘◇’)ゞ

ドローンでの屋根点検・・・

高浜市内でドローンでの屋根点検を
行いました。屋根は新建材の屋根でしたが、
25年くらい経っているとのことでした。

屋根全体の点検と一部気になる点があるとのことで
その辺りを点検しました。

夏日で暑い日でしたので、
ドローンとipadが熱を持って結構
夏は大変でした。

総二階に近い屋根ですので、
二連の長はしごをかけて屋根に登ると結構大変なので
まずはドローンで点検です。

撮影した画像で確認します

屋根全体としては袖や軒先などの板金の役物は
特に問題はないと思いました。
屋根材は新建材ですので、全体的に色が
落ちて棟の部分に苔がついていました。

二階の屋根の上には太陽熱利用の温水器が
載っていてそこからの雨水の流れで
屋根材に色落ちが目立ちました。

気になる箇所をドローンで確認です。

二階の屋根の軒天と霧除けの屋根の間に
隙間ができていてどうやらスズメの巣が
できているようでした。

また、軒先の板が劣化で剥がれているのが
確認できました。
軒先の板の剥がれは直すと結構かかるので
スズメの巣の撤去を行います。

スズメの巣の撤去です

二連はしごを伸ばして作業員が屋根まで
上がって隙間からスズメの巣を撤去です。

これだけの巣ができていました。
巣を撤去したあとは隙間を金属板で詰める
作業をして終わりました。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事