ドローンで屋根を葺く時代が来るかも?

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    ドローンの新しい取り組みの記事を見ました。
    将来、屋根屋はいらなくなるのかな?

ドローンで屋根材のくぎを留める実験

ドローンの開発に関しては、いろいろな用途開発が行われています。

現在、屋根点検をドローンで行っています。

また、その撮影した写真をもとに、屋根の大きさを割り出すこともできます。

そのうち、ドローンに手が生えて、瓦を運ぶ時代が来るかも?と、

つい最近まで冗談で話をしていました。

すると、アメリカでは、ほんとに考えているようです。

おもしろいネットニュースをご紹介します!

 

ミシガン大学で、くぎ打ち機能内蔵ドローンを開発中という記事がありました。

ドローンのカメラで、屋根材(アスファルトシングル葺き)の位置を捉えて、

屋根材の一定の位置に、くぎ打ち機(ネイルガン)でくぎを打つ動画が公開されていました。

動画を見ると、ドローンがくぎを打つと少し上昇して、右へ数センチ移動して、

また、くぎを打つというものです。

4発打ち終わると元に位置に着陸するようです。

高所作業なら、ドローンが得意とする分野だそうです。

コード付きの作業範囲なら、バッテリーの容量も心配ないとのこと。

 

後10年もすると、屋根屋はドローンが主力になるのでしょうか?

職人不足には、ちょうどいいかもですね!

 

それにしても、ドローンがくぎを打てるなら、銃も打てるかもです。

そっちの方が、研究の本命なのかも?

 

手が生えたドローンが出てきたときには、いち早く、取入れたいものです!

 

屋根に関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事