瓦はどれくらいの強風まで耐えるの? 屋根の用語・Q&A 

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    今年は台風被害が多く発生したため、
    瓦はどれくらいの風速まで耐えるの?と聞かれます。
    現在の瓦であれば、沖縄でも大丈夫です!
    簡単にご紹介します!

瓦はどれくらいの強風まで耐えるの?

今年の台風被害で、瓦の耐風性能を聞かれることがあります。

現在の瓦であれば、沖縄(基準風速46m/s)でも耐えることができます。

弊社で試験した結果をご紹介します!

上の写真は、瓦の耐風性能試験を行ったときの成績書です。

試験条件としては、基準風速46m/s(沖縄)の3階建ての屋根にかかる力で引っ張り上げしても、異常なかったことを示している成績書です。

現在の瓦で、全数瓦を留め付けしておけば、台風15号の千葉県でも耐えられることを示してします。

耐風性能試験とは?

弊社は、愛知県の試験場で行います。

試験装置の架台に、実際通りの仕様で瓦を施工します。

このときは、防水シートに穴を開けないホールレス工法を評価しました。

そのため、くぎではなく、51mmのビスで留め付けしました。

ビスは瓦桟木の中で納まるため、防水シートには届かず、穴を開けないので、高防水工法と言えます。

この状態で、試験条件から算出された力で、瓦を真上に引っ張り上げます。

沖縄の3階建ての屋根のもっとも力がかかる部分では、4158N/㎡の力がかかります。

この力で、150回繰り返し引っ張っても異常がなければ、耐えることができたという成績書が発行されます。

 

基準風速とは、全国の市町村を30m/sから46m/sまで、分類しています。

愛知県であれば、34m/sがほとんどになります。

この耐風圧であれば、ビスをくぎに替えても、耐えることができます。

瓦メーカーに問い合わせをしていただければ、その地域に適した仕様を回答させていただきます。

 

図解 屋根に関するQ&Aでは、よく聞かれる屋根の質問にお答えしています。

【屋根用語・Q&A集】屋根の用語・疑問を図解でやさしくお答えしています!

 

屋根のご相談等がありましたら、ご連絡くださいね。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事