瓦用のビスってどんなもの? 屋根の用語・Q&A 

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    昔の瓦屋根は全部の瓦を留め付けていませんでした。
    現在は、耐震・耐風性能が求められているので、
    くぎ・ビス等で全数留め付けしています。
    どんなビスを使用しているのか、簡単にご紹介します!

瓦用のビスってどんなもの?

今年の台風被害で、瓦の耐風性能を聞かれることがあります。

昔の瓦屋根は、瓦をくぎ等で全部は留め付けていませんでした。

瓦が飛散する原因の1つとなっています。

現在は、瓦は全数留め付けを行っていますので、耐風性能は向上して、日本のどこでも(台風の多い沖縄でも)使用できるようになっています。

コーススレッドとは?

上の写真は、瓦用のビス(コーススレッド)の一例です。

材質はステンレス製となっています。

雨によって、錆びるのを防ぐために、明確にステンレス製と定めています。

他の屋根材は、ステンレス製ではない場合も多いです。

瓦は耐久性重視なので、ビスも耐久性の高い仕様としています。

コーススレッドを使用するのは、屋根の平部、桟瓦を留め付けるときです。

上の写真は、F形防災瓦をコーススレッドで留め付けています。

沖縄などの強風地域以外は、コーススレッド1本留め付けで、十分な耐力があります。

 

パッキン付きビスとは?

瓦用ビスとして、パッキン付きビスもあります。

 

上の写真は、若井産業製のパッキン付きビスです。

パッキン付きビスは、ケラバ瓦や棟瓦など、屋根の周辺部に使用します。

上の写真は、ケラバ瓦に使用されているパッキン付きビスです。

パッキン付きビスは、ビスの頭が瓦の表面に、暴露した状態で使用されるものです。

ビスと瓦の隙間から雨水が入らないように、パッキンがついています。

コーススレッドに比べて、ビス径は太く、長さも長いものが多いです。

パッキン付きビスも材質はステンレス製となっています。

 

同じ長さであれば、くぎよりもビスの方が、瓦の耐風性能は高くなります。

海岸線や崖地など特別に風が強い立地では、くぎ留めをビス留めにすることは有効となります。

 

図解 屋根に関するQ&Aでは、よく聞かれる屋根の質問にお答えしています。

【屋根用語・Q&A集】屋根の用語・疑問を図解でやさしくお答えしています!

 

屋根のご相談等がありましたら、ご連絡くださいね。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事