瓦屋根で絶対NGな補修による雨漏り 部分葺き替え修理【愛知県名古屋市】

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    瓦屋根から雨漏りしているとのことでした。
    小屋裏をのぞくと雨漏り箇所が何カ所もありました。
    屋根に上がると瓦屋根で絶対NGな補修が行われていました。
    簡単にご紹介します!

お問い合わせはこちら

工事の概要

日本瓦屋根・絶対NGな補修による雨漏り 部分葺き替えで修理

工期:7日間

築年数:約40年過ぎ

瓦屋根からの雨漏り。絶対NGな補修による雨漏りでした。

瓦屋根からの雨漏りで、和室の天井・土壁がかなりやられていました。

小屋裏をのぞいてみると何カ所も雨漏りの痕がありました。

築年数の割に、雨漏りが多いなと思いながら、屋根へ上ってみました。

すると、すぐに原因がわかりました。

瓦屋根で絶対やってはいけないNGな補修が施されていたのです。

部分補修も考えて、部分葺き替えと部分補修の両方、御見積しました。

結果、雨漏り痕が多いので、お客様から部分葺き替えを依頼されました。

簡単にご紹介します!

 

和室の雨漏り

立派な和室が雨漏りで、ダメージを受けていました。

土壁が流れ落ちています。

小屋裏をのぞいてみると、

壁の真上に、雨漏り痕がありました。

屋根からの雨漏りです。

他の部分も、雨漏りによる劣化が見られました。

棟・棟違いからも雨漏りしていました。

 

工事前

屋根に上がってみると、雨漏りの原因がすぐにわかりました。

日本瓦の隙間をぐるりと全部ふさぐ、瓦では絶対やってはいけないNG補修が行われていました。

軒先の瓦は、ビス留めされていることから、瓦屋ではない工事業者がやってはいけないNG補修をやったようです。

結果、部分葺き替えを行うことになりました。

工事中

①古い瓦・葺き土をめくる

古い瓦・葺き土をめくりました。

野地板の上面は思ったほど、劣化しているように見えませんでしたが、劣化している所は、踏み抜けました。

②野地合板の増し張り

野地合板をたる木に留め付けました。

②防水シート(ルーフィング)を張る

野地合板の上に、防水シート(高級改質アスファルトルーフィング)を張りました。

この上に、養生して、1日目のめくりは終了です。

 

③瓦の復旧をする

瓦の復旧を行います。

瓦桟木・水抜きテープを設置します。

今までの土葺き屋根ではなく、引掛け桟葺きとして、屋根を軽量化して復旧します。

防災瓦は全数留め付けを行います。

棟部はガイドライン工法・冠瓦1本伏せで復旧しました。

耐震・耐風・耐久性が高い仕様での復旧です。

 

工事後

古い瓦の部分と新しい瓦の部分が違和感なく復旧できました。

瓦という材料の40年差も違和感なく、屋根となる所が瓦のメンテナンス性の良さと言えます。

最初に雨漏りしたときに、すぐに、瓦屋さんに補修してもらえば、部分修理で雨漏りは止まります。

メンテナンスを間違えるとかえって、大掛かりな修理になるので、ご注意ください。

 

ポイントまとめ
・瓦屋根で絶対やってはいけないNG補修を紹介しました。
・雨漏り箇所が多いと部分補修ではなく、部分葺き替えとなります。
・部分葺き替えの場合は、その部分の葺き土がなくなるので、軽量化になります。

 

屋根に関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
愛知県で雨漏りでお困りの方は、是非、ご相談・ご依頼くださいね!
詳しくは、こちらをご覧ください!
↓↓↓
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事