20~30年前のF形瓦 接着補強工法による簡易補修方法をご紹介します。

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、高浜市・半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経ホームビルダー」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

20~30年前のF形瓦(平板瓦)の屋根に住んでいる人。

20~30年前のF形瓦(平板瓦)の台風対策したい人。

 

 

この記事で伝えたいこと

F形瓦は現在では、瓦の中でもっともシェアの高い屋根材です。

F形瓦は今から15年前に耐風性能が大幅に向上しました。

現在のF形瓦(防災仕様)は、大型台風にも耐える屋根となっています。

一方で、築15年以上経過しているF形瓦(非防災)屋根は、巨大台風で被害が発生する可能もあります。

そこで、この記事では、20~30年前の非防災仕様のF形瓦を簡易補強する方法をご紹介します。

 

お問い合わせはこちら

20~30年前のF形瓦 接着補強工法による簡易補修方法をご紹介します。

F形瓦は現在では、瓦の中でもっともシェアの高い屋根材です。

F形瓦は今から30年前に、この大きさの規格になり、徐々にシェアが増えてきた屋根材です。

また、今から15年前に耐風性能が大幅に向上する仕様変更がありました。

現在のF形瓦(防災仕様)は、大型台風にも耐える屋根となっています。

一方で、築15年以上経過しているF形瓦(非防災)屋根は、巨大台風で被害が発生する可能もあります。

築年数しか、見分ける方法はないの?

外観だけでは、見分ける方法はありません。

しかし、屋根に上がれば、簡単に確認することができます。

そこで、この記事では、20~30年前の非防災仕様のF形瓦の見分け方と、簡易補強する方法をご紹介します。

 

巨大台風の飛来物によるF形瓦屋根の被害

一昨年の巨大台風で、飛来物による被害のあったF形瓦屋根がありました。

この屋根は、築20年を過ぎている屋根で、このF形瓦は、現在では生産されていません。

そこで、よく似た瓦で、割れた瓦を交換しました。

非防災仕様のF形瓦とは?

非防災仕様のF形瓦は瓦同士の掛かり合いがない仕様です。

見分け方としては、⇒の部分に、フック状の突起が無ければ、非防災仕様となります。

しかし、これでは、瓦が割れないとわからないことになります。

そこで、瓦が割れなくても、見分ける方法をご紹介します。

非防災仕様の見分け方は、2つあります。

①予備用として、庭先に残してある瓦を確認する。

瓦屋根の場合、数枚の予備瓦を庭先に残しておく風習があります。

庭先の瓦を見て、尻部分に、フック状の突起の有無を確認してください。

フック状の突起が無ければ、非防災仕様のF形瓦となります。

②屋根に上がって、瓦の軒先側を引き上げて確認する。

屋根に上がって、瓦の軒先側を持ち上げてみると分かります。

少し浮き上がれば、非防災仕様のF形瓦となります。

全く、動かなければ、防災仕様のF形瓦です。

 

割れたところに、類似品のF形瓦で交換しました。

交換した部分の留め付けの補強として、接着剤で、瓦の先端を下段の瓦へ留め付けました。

台風の補修としては、これで完了です。

お客様に補修内容をお伝えしたところ、

屋根全体の耐風性能を補強してほしい。

とご依頼いただきました。

その時の補強内容をご紹介します。

 

非防災仕様のF形瓦を接着剤で補強します。

非防災仕様のF形瓦です。

接着剤による補強仕様です。

瓦の軒先側を下段の瓦の尻と接着しています。(赤丸部分)

この接着方法で重要なことは、下段の瓦が屋根下地に、くぎ・ビス等で留め付けてあることです。

 

「ラバーロック」との違いは、ここです。

「ラバーロック」という瓦同士を接着してある屋根があります。

しかし、この「ラバーロック」はおススメしていません。

瓦の留付けをしていない瓦同士を接着しても、耐風性能はほとんど向上しません。

瓦が連結したまま、飛散してしまうからです。

「ラバーロック」には、ご注意ください。

 

非防災仕様のF形瓦屋根全体の補強です。

平部:接着補強工法

全ての平部・瓦の軒先部を接着します。

棟部:ビス増し打ち

全ての棟部・瓦をビス留めします。

けらば部:ビス増し打ち

全てのけらば部・瓦をビス留めします。

 

築20~30年の非防災仕様のF形瓦の補強方法は非破壊の接着工法です。

非破壊の接着工法で、築20~30年の非防災仕様のF形瓦屋根は耐風性能が大幅に向上します。

非防災仕様のF形瓦は、全数くぎ留めしているので、瓦の軒先側を下段の瓦の尻部に接着することが効果的です。

くぎ留めしていない瓦同士を接着する「ラバーロック」とは、異なります。

「ラバーロック」は、効果がないので、ご注意ください。

 

屋根・雨漏りに関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 6 人中 5 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事