なかなか直らない屋上防水からの雨漏り 排水ドレンの経年腐食 【愛知県海部郡】

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、高浜市・半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経ホームビルダー」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

屋上からの雨漏りで困っている人。

バルコニーの雨漏りで困っている人。

 

この記事で伝えたいこと

屋上やバルコニーは、経年劣化による雨漏りが発生します。

基本的には防水層の劣化による雨漏りが多いです。

わかりにくい雨漏りは、排水ドレンの劣化によるものもあります。

この記事では、なかなか直らない屋上防水の雨漏り修理をご紹介します。

お問い合わせはこちら

工事の概要

屋上防水からの雨漏り修理 改修ドレンを設置

工期:1日間

築年数:築25年

 

なかなか直らない屋上防水からの雨漏り 排水ドレンの経年腐食

築25年の屋上防水の雨漏り修理を行いました。

屋上やバルコニーは、経年劣化による雨漏りが発生します。

基本的には防水層の劣化による雨漏りが多いです。

防水層の紫外線や熱収縮による劣化によるき裂・穴開きなどが原因です。

屋上防水を補修したのに、再発する雨漏りもあります。

この場合は、屋上防水層以外の原因となりますが、これがなかなか発見しにくいことがあります。

わかりにくい雨漏りの1例としては、排水ドレンの劣化によるものもあります。

この記事では、なかなか直らない屋上防水の雨漏り修理をご紹介します。

 

 

工事手順

2年前

2年前に雨漏り調査を行いました。

排水ドレンにも散水しました。

結果、排水ドレンからは漏れず、原因は笠木からの雨漏りでした。

上の写真の⇒の部分は、排水ドレンのわくにき裂は入っていません。

 

2年後に雨漏りが再発

笠木を補修することで、雨漏りは止まりました。

しかし、2年後に雨漏りが再発したとの連絡がありました。

笠木を修理した部分に散水しても漏水はありませんでした。

笠木以外の原因を探していると、排水ドレンの変化に気がつきました。

赤丸の部分に、き裂が入っています。

散水をしてみると、

雨漏りしている部分と同じ場所から漏水がありました。

2年間の間に、排水ドレンの枠にき裂が入っていたと思われます。

排水ドレンの中を確認してみると、き裂は深く入っていました。

わずかに2年の経過で、雨漏り原因が別の部分に移動していました。

屋上防水・ルーフバルコニーは経年劣化が必ず発生します。

雨漏りの原因が複数ある場合もありますので、しっかりと調査してから、修理することをおススメします。

 

外壁・雨漏りに関して、お悩みの方はお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
愛知県でお困りの方は、是非、ご相談・ご依頼くださいね!
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事