パミール屋根のタッカー・くぎがさびている カバー工法は危険です

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、高浜市・半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経ホームビルダー」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

パミールのメンテナンスを考えている人。

パミールのカバー工法を検討している人。

この記事で伝えたいこと

この記事は、「スレート屋根で、運悪くパミールが施工されている」「パミールのメンテナンスを考えている」という方向けに書かれています。

ほとんどの方は、築10年を過ぎて、スレート屋根を塗装しようとしたら、「パミールだから塗装できない」と言われて、はじめて、パミールの存在を知ったのではないでしょうか?

この記事では、パミール屋根のタッカー・くぎがさびている原因をご紹介します。

製造メーカーがすすめるカバー工法でいいのか?ご参考にしていただければと思います。

お問い合わせはこちら

パミール屋根のタッカー・くぎがさびている カバー工法は危険です

この記事は、「スレート屋根で、運悪くパミールが施工されている」「パミールのメンテナンスを考えている」という方向けに書かれています。

ほとんどの方は、築10年を過ぎて、スレート屋根を塗装しようとしたら、「パミールだから塗装できない」と言われて、はじめて、パミールの存在を知ったのではないでしょうか?

この記事では、パミール屋根のタッカー・くぎがさびている原因をご紹介します。

製造メーカーがすすめるカバー工法でいいのか?ご参考にしていただければと思います。

パミール屋根のタッカー・くぎはさびている

築10年過ぎのパミール屋根を葺き替えした現場の写真です。

パミールとは?

パミールとは、スレート屋根の中の1つ商品です。

製造元は、ニチハ(株)(サイディング最大手のメーカー)で、その屋根材商品だったのですが、すでに、10年前に廃盤品となっています。

パミール自体にの表面のはがれ・層状はく離が発生して、塗装することができず、大きな問題となっています。

パミール自体の表面のはがれに関しては、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【ニチハ】パミール屋根の特徴とお得なメンテナンスをご紹介します!

タッカー・くぎがさびている

上の写真をみると、タッカー(パミール下の防水シートを留めているホッチキスの針のようなもの)がさびています。

10年程度で、くぎの頭もさびています。

これは、屋根屋の常識では、あり得ないことなんです。

暴露している鉄くぎでも、10年ではこれほどひどくさびないです。

タッカーのさびは、スレートと防水シートの間に、水分・湿気が溜まっていることを示します。

 

他のスレート屋根ではタッカーはさびているの?

カラーベストでは?

他のスレート屋根で、現在も生産されている唯一の商品、カラーベスト(旧クボタ鉄工)では、ほとんどタッカーのさびを見たことがありません。

カラーベストは乾式製法と呼ばれる独自の製造方式で、スレート自体がパミールに比べて、水を吸う力は半分以下となっています。

雨がスレート屋根の中へ浸入しても、カラーベスト屋根では、日射があたれば、乾燥するので、タッカー・くぎはほとんどさびていません。

他の湿式製法のスレートでは?

現在は廃盤となっていますが、パミールと同じ湿式製法(紙すきの造り方)で生産されていたフルベスト(旧松下電工)があります。

フルベストは湿式製法のため、スレート自体が水を吸う力は高く、パミールと同程度あります。

その葺き替え現場の写真を示します。

築25年経過したフルベストの屋根です。

くぎ・タッカーともにさびはありません。

フルベストをはがしてみても、

フルベストの下のタッカーにも、さびは見られません。

タッカーの材質が違うのかと、この現場写真の中で、タッカーがさびている部分を探しました。

軒先の雨水が溜まりやすい部分のタッカーはさびていました。

つまり、タッカーはさびる材質ですが、軒先以外の部分では、さびる状態ではなかったと言えます。

 

パミールは特別な屋根材なのです。

 

パミール屋根をカバー工法していいの?

特別な屋根材であるパミールをカバー工法して大丈夫なのでしょうか?

上の写真はスレート屋根を横から見たものです。

黒いものが、防水シートで、その下には野地板があります。

防水シートとスレートの間には、5mm弱の空間が所々あります。

そこにタッカーが留め付けられていて、パミールはそのタッカーがさびるほど、水分を含んでいるのです。

 

カバー工法はスレートの上に防水シートをはり、その上に新しい屋根材をカバーして、パミールを野地板と新しい防水シートの間に閉じ込めてしまいます。

パミールの吸い込んでいる水分は、新旧の防水シートで包まれ、乾くことができません。

その水分はくぎ穴を伝わり、野地板へ浸入する可能性もあります。

パミール屋根のカバー工法はやめた方がいいのでは、ないでしょうか?

 

まとめ:パミール屋根は葺き替えをおススメします。

臭い物に蓋(ふた)をすることせず、葺き替えをおススメします。

後、30年は持たせたい屋根と考えると、30年持つ工法を選択されることをおススメします。

メーカーの責任範囲となる後10年持てばいいという考え方のカバー工法はやめておきましょう!

 

パミール屋根でお悩みの方は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事