屋上防水の排水口まわりからの雨漏り 改修ドレン設置して部分補修【愛知県半田市】

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、高浜市・半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経ホームビルダー」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

屋上防水から雨漏りしている人。

雨漏りを部分補修したい人。

この記事で伝えたいこと

「屋上から雨漏りしているので、直してほしい。」とお問合せいただきました。

伺ってみると、場所的には屋上防水の排水口付近でした。

防水シートのたるみやよく見るとシートにき裂が発生していました。

排水口まわりだけを部分補修して雨漏りを止めました。

お問い合わせはこちら

工事の概要

築20年以上の屋上防水 排水口まわりを部分補修

工期:1日間

築年数:約20年以上

 

屋上防水の排水口まわりからの雨漏り 改修ドレン設置して部分補修

「屋上からの雨漏りした」とご相談いただきました。

結構な量の雨が漏れてきたそうです。

屋根に上がってみると、防水シートはだいぶ劣化していました。

雨漏りしている場所は、排水口付近でしたので、排水口を観察するとシートにき裂が入っていました。

散水試験を行ってみると、すぐに漏れてきました。

屋上防水全体をメンテナンスしてもいい頃だったのですが、お客様は部分補修で直せないかとご要望がありました。

排水口の部分に改修ドレンを設置して、部分補修しました。

簡単にご紹介します。

 

工事の手順

工事前の状態

屋上防水の排水口まわりは、シートが膨らんでいました。

土ぼこりも堆積していたのですが、詰まってはいませんでした。

よく見るとシート防水にき裂が入っていました。

確認のため、散水試験を行いました。

すると、いつもの通りに漏水したので、このき裂が雨漏りの原因とわかりました。

 

1.排水口金具の撤去

排水口の金具を撤去します。

シート防水を改修ドレンの大きさでカットします。

2.改修ドレンを設置

改修ドレンを排水口の中に設置しました。

カットしたシート防水の端部を金具で抑え留め付けます。

3.ウレタン防水を塗布

ウレタン防水を改修ドレンとシート防水が一体化するように塗布します。

上塗りをして完成です。

工事のビフォー・アフター

工事前

工事後

屋上防水は傾斜屋根と異なり、約10年単位でメンテナンスが必要な屋根です。

ほとんど勾配がないため、穴が開いたら雨漏りに直結します。

材料的にも有機材料ですので、必ず劣化します。

あらかじめ、メンテナンスを計画しておきましょう。

 

屋根・雨漏りに関して、お悩みの方はお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
愛知県でお困りの方は、是非、ご相談・ご依頼くださいね!
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事