中古物件が屋根・壁塗装してあると、雨漏りが心配。保険に入りましょう!

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、高浜市・半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の屋根・雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経ホームビルダー/日経アーキテクチュア」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

中古物件の購入を検討している人。

中古物件の屋根・壁が塗装してあった人。

この記事で伝えたいこと

中古物件のインスペクションを行っていると、ときどき、屋根・壁塗装済みの物件があります。

新品みたいな感じできれいなのですが、心配な面もあります。

塗装されてしまうと下地の状態がわからないからです。

簡単にご紹介します。

お問い合わせはこちら

中古物件のインスペクション

中古物件のインスペクションを行っていると、ときどき、屋根・壁の塗装済み物件があります。

購入者は、塗装する費用がかからないので、喜ばれます。

しかし、少し心配な面もあります。

塗装すると、不具合がわかりにくい

屋根・壁を塗ってしまうと、雨染みなどの汚れが一時、わからなくなります。

塗装してなければ、外壁や軒天の汚れから雨漏りの有無が推測できます。

しかし、塗装で隠されると雨漏りなどの不具合は正直わかりません。

一例を紹介します。

セメント屋根材の問題のある納まり

棟部

セメント屋根材の棟包み板金です。

一見、きれいな屋根です。

しかし、赤丸部分は釘浮きが発生しています。

板金も少し変形しているように見えます。

釘をみるとかなり錆びていました。

長い間、釘浮きしている状態が推測されます。

釘浮き部分を持ち上げてみると、釘が効いていません。

これでは、強風で板金が飛散する恐れがあります。

軒先部

セメント屋根材の軒先部は雨漏りが多い場所です。

軒先を見てみると軒先水切りが入っていません。

下から見ても、セメント屋根材の裏面が見えるので、軒先水切りはないのです。

この納まりでは、セメント屋根材の中に入った水は、雨樋へ排水されることはありません。

多くは、谷部の軒天に雨染みがあってもおかしくないのですが、軒天は塗装されていてわかりません。

壁止まり部も雨漏りしやすい場所です。

こちらは軒天も壁も塗ってあるので、全くわかりません。

納まり的には、雨染みがあってもおかしくないのです。

既存住宅瑕疵担保責任保険に加入しましょう

中古物件の売買契約前に、既存住宅瑕疵担保責任保険に加入しておくことをオススメします。

調査と保険料で、約5万円です。

それで、5年間、雨漏りが発生した場合、保険で補修ができます。

特に、塗装済みの屋根・壁だった場合は、ぜひ、保険にご加入されることをオススメします。

 

屋根に関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事