懐かしい実験の写真が出てきました。換気部材の相当開口面積を測定しました。

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、高浜市・半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の屋根・雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経ホームビルダー/日経アーキテクチュア」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

実験に興味のある人。

この記事で伝えたいこと

写真データを整理していたら、懐かしい写真が出てきました。

つくばにある建築研究所で換気部材の相当開口面積を測定したときのものです。

いかにも実験室みたいな装置もありました。

お問い合わせはこちら

換気部材の相当開口面積を測定しました。

以前、つくばにある建築研究所で換気部材の相当開口面積を測定しました。

1週間ぐらいかけて、10社程度の換気部材の能力を比較しました。

屋根の棟部(屋根の頂点)に設置する棟換気という部材があります。

棟換気は、空気を換気をするために孔が開いているのですが、そこから雨・雪は入れたくないというものです。

そのため、換気経路をジグザグにして、雨が入り込まないような複雑な形状となっています。

しかし、その分、換気の抵抗となるので、実際にどれぐらいの換気能力があるか、調べる実験を行いました。

上の写真は、小さい屋根の棟部の模型に棟換気を設置した状態です。

換気能力を測定する装置

水色の箱から長い配管を通って、水色の口までが測定装置です。

水色の口が風を送ったり、引いたりしてするファンの口となっています。

風速と差圧を測定するセンサーが長い配管にセットされています。

水色の箱には開口部があり、その開口部に換気部材を設置します。

上の写真は軒天材の有孔ボードです。

6mm程度の孔がたくさん開いていますが、厚みが数ミリあるため、空気が抜けるときに抵抗がかかります。

測定した結果、孔の面積の60%程度に相当する換気能力となっていました。

長い配管から圧力計にチューブがつながっています。

最終的には、圧力差と風量の関係を部材の種類ごとに分けました。

複雑な形状のタイプは傾きが低くなり、パンチングなどは傾きが急になっていました。

懐かしい実験の写真をご紹介しました。

 

屋根に関してお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事