雨樋の破損が原因の屋根からの雨漏り 瓦屋根を部分修理 【愛知県長久手市】

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、高浜市・半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経アーキテクチュア」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

雨樋が破損している人。

屋根から雨漏りしている人。

雨樋のメンテナンスを検討している人。

この記事で伝えたいこと

「天井からの雨漏りを直したい」とご相談いただきました。

伺ってみると瓦屋根の建物で、バルコニーも近くにあり、明らかな劣化部分はなく、雨漏り調査を行いました。

散水調査を行いましたが、天井からの漏水は確認できませんでした。雨漏り原因を考えていると雨樋の破損が気になりました。

瓦屋根をめくってみると、雨樋の破損が原因であるとわかりました。

簡単に事例を紹介します。

 

お問い合わせはこちら

工事の概要

雨樋の破損が原因の屋根からの雨漏り  瓦屋根を部分修理

工期:1日間

築年数:約25年

雨樋の破損が原因の屋根からの雨漏り

「天井からの雨漏りを直したい」とご相談いただきました。

伺ってみると1F和室の天井から雨漏りが広範囲にしていました。

天井上を確認すると1階の瓦屋根とバルコニーがありましたが、明らかな劣化部分はなく、雨漏り調査を行いました。

散水調査を行いましたが、天井からの漏水は確認できませんでした。雨漏り原因を考えていると雨樋の破損が気になりました。

瓦屋根をめくってみると、雨樋の破損が原因であるとわかりました。

瓦屋根も雨漏りした範囲を部分修理しながら、雨樋の破損も直しました。

雨樋は破損・詰まりなどが発生すると雨漏りの原因になりますので、メンテナンスが必要です。

簡単に、雨漏り修理の様子をご紹介します!

 

工事前

雨漏りの状況

和室の天井からかなりの量、雨漏りした痕がありました。

障子の鴨居全体が濡れているので、めずらしい雨漏りでした。

上部を確認すると瓦屋根とバルコニーがありました。

赤点線あたりが真上となっていたので、浸入箇所を探しました。

雨漏り調査

散水調査

明確な雨漏りの浸入口となる部分は見当たりませんでした。

可能性のある所を順番に散水しました。

雨押え水切りのコーナー部を散水しましたが、漏水しませんでした。

バルコニーの手すり壁と外壁の取合部を散水しましたが、漏水しませんでした。

2階雨樋からの縦樋を1階の落とし口へつないでいたつなぎが外れていました。そこから水が大量に出てきた想定で散水してみました。

しかし、漏水は確認できませんでした。

雨漏り調査では、明確な浸入口を確認できませんでした。

位置的に瓦屋根からの雨漏りだったので、瓦屋根を部分補修することになりました。

工事中

瓦をめくる

瓦屋根の平部の瓦をめくり、防水シートや瓦桟木の状態を確認しました。

丁度、雨漏りしている真上の部分をめくると、一部、瓦桟木が腐朽していました。

瓦桟木を撤去して、防水シートを確認すると雨が流れた痕がありました。

2階の雨樋からの縦樋付近から防水シートの中に入って拡がっていることがわかります。

防水シートをめくってみると野地板に雨水浸入痕があり、このルートで雨漏りしたことを確認できました。

雨漏りの原因は、2F雨樋からの縦樋のつなぎが外れたことによって、大雨時に大量に瓦下へ浸入した雨が防水シートから雨漏りしたと思われます。

瓦屋根の復旧

雨漏りした部分の防水シートを新しくしました。

雨水を流すための縦桟(ルーフテープ)を入れて、しっかりした瓦桟木を設置しました。

瓦をねじ留めで全数固定して、復旧しました。

 

工事のビフォーアフター

工事前

工事後

瓦屋根を復旧して、はずれていたつなぎ部分も復旧しました。

瓦の上に水が流れるからと2階屋根の雨樋から排水する縦樋・つなぎを破損したままにすると雨漏りすると確認できた事例です。

雨樋の破損・詰まりはメンテナンスすることで、雨漏りを防ぐことができます。

 

屋根・雨漏りに関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事