屋根において発生する結露現象を現場写真からご紹介いたします。(屋根結露概念図)

お問い合わせはこちら

こんにちは~。
屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。

 

屋根において結露が発生する概念図をご紹介いたします。

 

住宅の耐久性を考える上で、雨漏り以上に注意しなければならないのが結露発生です。

結露は自然現象なのですが、理科・グラフのイメージもあり、苦手な人が多いと思います。
そこで、屋根で発生する現象面をまとめました。

 

細かく分けますと8か所で発生する可能性があります。
概念図により、その8か所を示します。

 

結露0

<pcolor=”#ff0000″ >★屋根で結露が発生するリスクのある箇所★

 

①屋根材の表面

結露1

冬季、放射冷却により屋根材の表面に発生する露(つゆ)や霜(しも)は結露現象です。

 

②屋根材の室内側でルーフィングの外側

結露2

 

夏型結露により屋根材とルーフィング(外側)の間で結露が発生します。

 

③ルーフィングの室内側で野地合板の外側

結露3

ルーフィング(内側)と野地合板の間で結露が発生します。
ルーフィングをめくってみますと野地合板の外表面が結露水で濡れています。

 

④野地合板の室内側(小屋裏側)

結露4

 

冬季、野地合板の室内側で結露が発生します。

 

⑤野地合板を留めるクギの頭部

結露5

 

夏型結露により、野地合板を留めているクギの頭部で結露が発生します。

 

⑥野地合板と垂木の間のクギのまわり

結露6

 

上写真は野地合板の小屋裏側です。

野地合板を垂木に留めているクギが野地合板と垂木の間で結露してできた黒染みです。(冬季)

 

⑦屋根材を留めるクギの頭部

結露7

 

夏型結露により、スレート屋根材とスレート屋根材の重なり部の中にあるクギの頭で結露が発生します。

 

⑧屋根材を留めるクギの小屋裏に突き出た部分

結露8

 

冬季、屋根材を留めるクギの小屋裏に突き出た部分で結露が発生します。

 

 

上記、8か所の屋根部位

において、結露発生のリスクがあります。

 

外気環境、時間帯、小屋裏空間、野地合板、ルーフィング、クギ、屋根材、構法などの各種組み合わせにより、リスクの大小が異なります。

 

次回、それぞれの結露について詳しくご紹介いたします。 (#⌒∇⌒#)ゞ

 

 

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。