屋根・壁 雨漏り調査について

お問い合わせはこちら

屋根・壁の雨漏り調査についてご紹介いたします。

 

雨漏りホームドクターkamisei(かみせい) の活動において、建物調査での傾向を簡単にまとめてみました。(少し古いですが、昨年までのデータです。)

雨漏り調査?

 

建物調査の内容はほとんどが雨漏り調査で、93%でした。その他は、結露調査が4件、断熱材欠損調査が2件ありました。

雨漏り調査?

調査建物は木造が100件と多く、鉄骨ALC造が13件、RC造が7件でした。

 

調査手法は、基本的には非破壊調査で行い、下記の測定・観察により診断します。

温度・湿度測定

木材の含水率測定

建物外皮・内部の目視観察・撮影

図面確認及び聞き取り調査

散水による観察

 

次に、雨漏り調査依頼における漏水・不具合箇所をまとめてみました。

 

雨漏り調査?

 

サッシ・窓廻りからの漏水が56%ともっとも多く発生していました。その多くは外壁からの雨水浸入が原因です。続いて、天井からの漏水が15%でした。

屋根からの雨漏りは比較的少なく、5%となっています。

 

また、特徴的なのは、シャッターボックスからの雨漏りも4件ありました。サッシから直接発生する漏水はシャッターボックスで防ぎますが、シャッターボックスの取付不良により、サッシ上部からの漏水が発生していました。

 

また、外壁からの漏水は、モルタル直張り工法に多く見られました。

雨漏り調査依頼で、原因を調査したところ、結露であった物件もありました。

 

調査物件の多くは、軒の出がない住宅でした。

長寿命な住宅を考えた場合、軒を出すということは重要な検討ポイントの1つと思います。 (#⌒∇⌒#)ゞ

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。