石綿スレート屋根の葺き替え事例 コロニアルグラッサ屋根へ【愛知県刈谷市】

工事の概要

屋根材:石綿スレート屋根材⇒スレート屋根材(コロニアルグラッサ)

価格:約9,000円/㎡(足場、下地補強抜き)

工期:7日間

築年数:25年 130㎡(40坪弱)

 

石綿スレートのメンテナンスは再塗装ではなく、葺き替えを!

築25年経過した石綿スレート屋根材のメンテナンスを行った現場です。

お施主様からは「今後20年以上住みたいので、しっかりメンテナンスしてほしい」とのことでした。

石綿スレートは変色、コケなどが著しい状態でした。

ここで、再塗装しても、20年以内には再び塗装が必要となること、また、石綿が混入している屋根材なので、年々処理費が高騰していることをお伝えして、葺き替えを行うことになりました。

また、外壁もひび割れ、汚れ等があり、併せて、外壁・樋・シャッターなどの再塗装を行いました。

住宅の屋根・壁・樋をメンテナンスすると住宅の価値が上がるのか?

是非、工事前、工事後を見比べてください!

 

工事の手順

工事前の状態

工事前の屋根、壁、樋の状態です。

 

屋根は変色、黄色のコケの付着など、正直、限界の屋根です。

壁も汚れ、ひび割れもあり、雨漏りしていてもおかしくない状態でした。

 

1.古い屋根材をめくる

棟板金をとり、アスベストの飛散に配慮しながら石綿スレートをめくります。

 

2.下地を補強し、新しいルーフィングを貼る

野地合板の下地を補強し、新しいルーフィング(防水材)を施工します。

ルーフィングは高級品となる改質アスファルトルーフィングを使用します。

 

3.コロニアルグラッサを施工する

コロニアルグラッサを施工して、屋根の完成です。

古い石綿スレートから新しいコロニアルグラッサに葺き替えることで、屋根の美観がかなり向上しました。

そして、何よりアスベスト建材を廃棄することができたので、お施主様の子供に負の遺産を残さないで済むことが安心ですね!

工事後の状態

外壁・樋などの再塗装も完了した工事後がこちらです!

ぱっと見、新築のようで、住宅の価値が上がった感じがします!

価格:約110万円

工期:10日間

 

お問い合わせはこちら
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事