台風の雨漏り修理 古いスレート屋根の工場・面戸追加工事【愛知県半田市】

工事の概要

屋根材:大波スレート屋根

価格:約5,000円/m(足場、下地補強抜き)

工期:1日間

築年数:約45年 約10m

 

工場の古いスレート屋根 面戸がなくなっていました!

古いスレート屋根の工場でした。

先日の台風で、工場内の部屋・天井に雨漏りが発生。

台風の進路がいつもと違い、いままで雨漏りしなかった所から雨漏りしたようです。

古いスレート屋根の工場はおそらく30年以上経過しているものが多く、台風時、多少の雨漏りが発生しているようです。

多くは、窓廻りで発生していて、ガラス窓枠と壁のスレートとの隙間から雨水が浸入するようです。

今回は、下屋根と壁との取り合い部からの雨漏りでした。

その部分に、本当は面戸が入っているのですが、面戸が消失してしまっていたため、台風の強風雨が吹き込んで雨漏りしていました。

面戸を挿入する補修工事を行いました。

 

工事の手順

工事前の状態

工事前の屋根の状態です。

上の写真は面戸が残っている部分で、この状態ですと風雨の吹き込みを防ぐことになります。

下の写真は面戸がなくなっていて、奥に内壁が見えています。

台風の強風雨で、内壁に雨が伝わり、室内への雨漏りが発生したと思われます。

 

工事後の状態

 

 

施工完了後の屋根です。

スレート屋根と壁の取り合い部に面戸を新規で追加しました。

強風雨でも屋根からの吹き込みを防止します。

 

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
愛知県にお住まいの方で、どうしようかな?とお考えの方は、お気軽にご相談ください!ご予算・お住まいの計画に合う改修提案をさせていただきます!
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事