マンサード屋根ってなに?【屋根の形状5】

図解 屋根に関するQ&A

よく聞かれる屋根への質問にわかりやすくお答えしています。

Q:マンサード屋根ってなに?~Q091~

A:棟際の勾配が緩く、軒側の勾配が強い形状の腰折屋根(こしおれやね)のこと。屋根面が2段となっているもの。屋根裏部屋の天井を高くし、広い空間を確保できる利点がある。住宅の屋根では、不具合リスクの高い屋根形状とも言える。

 

実際の屋根はこんな感じ。

写真のように、屋根面の勾配(こうばい・角度)が2段となっている。上側が緩勾配(かんこうばい)、下側が急勾配(きゅうこうばい)である。

都市部などの狭小地で、見かける屋根と言える。

北側斜線(日陰の影響)を考慮するからかな?

 

どんなリスクがあるの?

腰折れ部の雨漏り・・・

腰折れ部の施工は複雑となる。

各種屋根葺き材によって、施工手順が異なるので、職人泣かせの屋根形状。(できれば、避けたい・・・)

換気不良による結露発生・・・

小屋裏(こやうら)(屋根裏)空間を部屋として使用する場合、傾斜天井(けいしゃてんじょう)となり、屋根断熱(やねだんねつ)となる。

屋根通気を行わないと結露が発生しやすい。

腰折れ部の通気スペースの連続性が取りにくく、不具合が発生した事例がある。

お伝えしたいこと。

複雑な屋根は、雨漏り・結露発生のリスクが高くなります!

マンサード屋根の場合、腰折れ部の設計・施工にご注意ください!

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事