腐らない木材って、面白いですね! 

腐らない木材って、面白いですね!

みなさま。こんにちは。

屋根から人の笑顔を作りたい!!!

神清(かみせい)のDr.神谷です。

先日、見学したシロアリ観察ツアーで勉強したことをもう少しご紹介いたします!

コシイプレザービングさんの工場・研究施設で見た木材の使い方が今でも印象に残っています。

ガーデニングや駐車場において、加圧注入処理した木材を使用したモデルスペースです!

これが何か?と思われる方も多いと思います!

私が驚いたのは、木材を直接地面に埋めている所です!

 

普通の木材で造った外置きのテーブルはこんな感じです。

私の家にもまさにこのようなテーブルがあり、同様に朽ちてしまったのを思い出しました!

それが加圧注入処理を行うことで劣化しないそうです!

この木のフェンスは3つの仕様でできていました!

左側は普通の木材で塗装したものです。

真ん中は加圧注入処理した木材です。

一番右はさらに、耐候性の高い塗料を塗布した木材です。

一目瞭然、右はきれいなままです!

私の家の外壁に、木製の格子があるのですが、この仕様に交換したいと思いました!

私の木製の格子はどちらかというとこんな感じになっています。

この状態は木材が非生物劣化した状態です。

いわゆる、風化と言われるものです。

風化とは、主に光の照射に基づく酸化作用、風雨へ爆されることによる寸法変化、土砂などがふきつけることによる摩耗などが複合して起きる劣化現象です。

表面からうすくなっていき、色も灰色ー光沢のない銀白色へと変化していきます!

こんな現象が起きるので、外で木材は使用できないと思っていたところに、劣化しにくい木材があると知り、驚きました!

自分の家の庭に、こんな木フェンスを使いたいなぁ~と思いました!

因みに、内に庭は、線路の枕木がこのように地面に埋めてあります。

防腐・防蟻処理は線路の枕木や電柱から発展した技術と聞きましたので、関係性が実感できて、面白かったです!

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事