RC造の屋根の補修 アスファルトシングルから瓦に葺き替え補修【愛知県高浜市】

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    RC造の屋根・アスファルトシングルが劣化していたので、瓦に葺き替えしました!

お問い合わせはこちら

工事の概要

RC造のアスファルトシングル屋根 瓦のカバー工法で葺き替え

工期:10日間

築年数:約20年

 

RC造のアスファルトシングル屋根 瓦のカバー工法で葺き替え!

「アスファルトシングルが劣化していて、一部飛散しているので、メンテナンスについて」ご相談をいただきました。

アパート物件で、あまりメンテナンス費用を掛けたくないとご希望されていました。

アスファルトシングルは、かなり劣化していて、膨れ・飛散が多く発生していました。

再び、アスファルトシングルでカバーしても、また、10年以降にメンテナンスが必要なら、嫌だと言われ、いろいろな屋根材を検討しました。

RC造(鉄筋コンクリート造)の建物のため、留め付け方法も考慮が必要でした。

検討した結果、三州瓦に葺き替えして、今後のメンテナンス費用を極力、抑える方向でのメンテナンスを選択されました。

工事の内容を簡単にご紹介します!

 

工事のビフォー・アフター

工事前

築20年の3階建てのアパートでした。

外観のタイル張りはきれいだったのですが、屋根を見ると、

アスファルトシングルが膨れ・き裂・はがれなどが発生していました。

一部は飛散も見られ、何らかのメンテナンスが必要な状態でした!

工事中

既存のアスファルトシングルの上に、ヒノキの瓦桟木を留め付けました!

屋根面の不陸を調整しながら設置しました。

三州瓦をビス留めで、瓦桟木に留め付けました。

棟部は、ガイドライン工法の乾式工法で設置しました。

少しでも軽量となるように、配慮しました。

周辺の瓦もパッキン付きビスでしっかり固定しました。

 

屋根補修のビフォー・アフター

補修前

補修後

補修前

補修後

三州瓦のガイドライン工法で、しっかり施工しました。

今後、30年以上はメンテナンスがほとんど必要ないアパートの屋根の完成です!

収益物件ですので、メンテナンスのランニングコストがかかるものは避けたいですね!

 

屋根に関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
愛知県でお困りの方は、是非、ご相談・ご依頼くださいね!
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事