破損した瓦の原因ってなに? 屋根の用語・Q&A 

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    瓦は焼き物で、強度・耐久性があるため、自然に割れることはありません。
    瓦が割れる原因を簡単にご紹介します!

お問い合わせはこちら

破損した瓦の原因ってなに?

瓦は焼き物で、強度・耐久性があり、雨や紫外線による劣化はありません。

そのため、自然に割れることはありません。

瓦が割れる主な原因をご紹介します!

凍害による瓦の割れ

50年以上昔の瓦は、各地域の地元の瓦屋さんが、地元の土で生産していました。

その当時は、窯の中で何百枚と1度に焼くと焼きムラがどうしてもあったそうです。

焼いた温度が低い瓦は、焼き締まりが少なく、水分を吸水しやすくなります。

そうした瓦が寒冷地で、使用されると凍害(とうがい)と呼ばれる瓦の表面がはく離する現象が発生します。

上の写真は、塩焼き瓦ですが、白丸の部分が凍害ではく離しています。

こちらの写真は、塩焼き瓦の棟部分です。

のし瓦が凍害で、はく離しています。

寒冷地では、はく離の原因が、凍害の可能性もあります。

特徴としては、暴露している瓦の表面がはく離する現象となります。

 

塩害による瓦の割れ

海岸の近くで、直接、細かい海水の飛沫がかかるような場所では、塩害(えんがい)による瓦のはく離が発生します。

塩害の特徴としては、暴露していない瓦の重なりで、隠れている部分に発生します。

黒点線から左下は、屋根で暴露して見える部分で、釉薬瓦では釉薬で色付けされています。

ここの部分では、はく離は発生しません。

赤丸のように、瓦の重なりで隠れる部分に、はく離が発生します。

凍害は暴露部分、塩害は隠れる部分に発生することが多いです!

 

リフォーム業者による踏み割れ

瓦屋根では、谷板金の周辺など、瓦屋では気をつけて歩く場所があります。

異業種の方では、歩いてはいけない場所がわかりません。

上の写真は、塗装屋さんが谷部を歩いて踏み割れした瓦です。

 

落下物による破損

落下物により、瓦が割れることがあります。

台風で飛来物により割れたとか、作業者が工具を落としたなどで、瓦が割れることがあります。

上の写真は、台風で飛来物があたって、割れた瓦です。

 

以上、瓦が割れる主な原因をご紹介しました。

寒冷地・海岸地域以外は、ほぼ、踏み割れか落下物による破損です。

このように割れると雨が瓦の下へ浸入してしまうので、発見した場合は、早めにその割れた瓦を交換しましょう!

 

図解 屋根に関するQ&Aでは、よく聞かれる屋根の質問にお答えしています。

【屋根用語・Q&A集】屋根の用語・疑問を図解でやさしくお答えしています!

 

屋根のご相談等がありましたら、ご連絡くださいね。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3 人中 3 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事