次世代住宅ポイント制度の説明がありました 愛陶工の全員懇談会です

三州瓦(愛陶工)全員懇談会です

三州瓦・愛知県陶器瓦工業組合の月に一度の
全員懇談会に出席しました。
9月にはいっても残暑が厳しくて
暑い中を組合員が集合して理事役員会・全員懇談会
の開催です。

冒頭は年に一度の製品実態調査報告です

毎年、この時期は各メーカーの製品の
実態調査報告を愛知県の三河窯業試験場の
主任研究員さんに調査報告をしていただきます。

製造メーカーから無作為に抽出した製品8枚を
三河窯業試験場で検査をしていただきます。
そして、寸法・谷・外観・曲げ破壊荷重・
吸水率・飽和係数・重量を測定して過去のデータと
照らし合わせながら現在の三州瓦の状態を
確認します。

各社はJISやISOに照らし合わせての管理を
していますが、年に一度公的機関で製品の調査をして
業界としての把握に努めています。

今年も特に問題はなく安心して使用していただける
屋根材としての報告がなされました。

次世代住宅ポイント制度の説明がありました

10月よりの消費税10%により
住宅購入やリフォームに対しての落ち込みを
カバーするために国土交通省の施策として
「次世代住宅ポイント制度」が施行されています。

①住宅ローン減税の控除期間が3年延長
②すまい給付金が最大50万円に
③新築最大35万円相当
リフォーム最大30万円相当の次世代住宅ポイント制度
④贈与税非課税枠は最大3,000万円に拡大
(現行は最大1,200万円)

詳しくは国土交通省のホームページを
ご参照ください。
http://www.mlit.go.jp

住宅の建築・リフォームをご検討されている方は
是非ご活用をお願いします。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事