瓦用のくぎってどんなもの? 屋根の用語・Q&A 

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    昔の瓦屋根は全部の瓦を留め付けていませんでした。
    現在は、耐震・耐風性能が求められているので、
    くぎ等で全数留め付けしています。
    どんなくぎを使用しているのか、簡単にご紹介します!

瓦用のくぎってどんなもの?

今年の台風被害で、瓦の耐風性能を聞かれることがあります。

昔の瓦屋根は、瓦をくぎ等で全部は留め付けていませんでした。

瓦が飛散する原因の1つとなっています。

現在は、瓦は全数留め付けを行っていますので、耐風性能は向上して、日本のどこでも使用できるようになっています。

瓦用のくぎとは?

上の写真は、瓦用のくぎの一例です。

材質はステンレス製となっています。

雨によって、錆びるのを防ぐために、明確にステンレス製と定めています。

他の屋根材は、ステンレス製ではない場合も多いです。

瓦は耐久性重視なので、くぎ等も耐久性の高い仕様としています。

上の写真はeスクリング釘という商品で、長さは65mm、くぎの太さは2.4mmとなっています。

耐風性能を上げるために、くぎの形状が工夫されています。

瓦桟木や野地板などの木部に引っ掛かるように、スクリュー形状やリング形状となっています。

上の写真は「瓦屋根標準設計・施工ガイドライン」の中で、紹介されている瓦用のくぎの図です。

桟瓦(一番多く屋根で使われている屋根の真ん中の瓦)を留める場合のくぎの種類、太さ、長さを示しています。

F形瓦(平板瓦)の場合は、各社のマニュアルで約65mmと定められています。

日本瓦の場合は、地域や屋根のデザインによって、45~65mmと幅を持たせています。

日本瓦で65mmですと、野地板が12mmの場合、野地板を突き抜けてしまいます。

軒先などで、軒裏を見せるデザインの屋根では、55mmなどの短いくぎとすることもあります。

また、くぎの太さ(くぎの頭のすぐ下の太さ)は直径2.3mm以上と規定されています。

くぎが太い方が強度アップにつながるために、以上となっています。

くぎの太さの規格としては、BWG(バーミンガム・ワイヤー・ゲージ=欧州の規格)と呼ばれる尺度で、表しています。

番手#14 径2.1mm

番手#13 径2.4mm

番手#12 径2.7mm

となっています。

そのため、瓦用くぎの番手としては、#13もしくは#12がよく使用されています。

現在は、瓦を飛散させないために、くぎの材質・長さ・太さ・形状をしっかりと定めています。

安心して、耐久性・コストパフォーマンスの高い瓦屋根を選んでいただくことができます!

 

図解 屋根に関するQ&Aでは、よく聞かれる屋根の質問にお答えしています。

【屋根用語・Q&A集】屋根の用語・疑問を図解でやさしくお答えしています!

 

屋根のご相談等がありましたら、ご連絡くださいね。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事