瓦屋根からの雨漏り 予算に合わせた部分補修も可能です。希望を伝えましょう!

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    古い日本瓦屋根の雨漏り補修のご相談がありました。
    予算によっては、部分補修も可能です。
    簡単に事例を紹介します!

古い日本瓦屋根の雨漏り補修について

先日、ご相談を受けた雨漏り補修の相談がありました。

築50年を超える日本瓦屋根で雨漏りが発生したので、雨漏り補修を地元の瓦屋さんに相談したそうです。

家が大きいのもあって、約300万円の葺き替えの見積だったそうです。

土葺き屋根で、瓦のズレもはげしいので、葺き替えを提案されたそうです。

ご相談の内容は、「雨漏りの部分だけで直せないでしょうか?」というものでした。

 

もちろん、瓦屋根は部分補修が可能な屋根材です!

具体的な事例をご紹介します。

築70年程度の瓦屋根の雨漏り補修

狭小地のため、建て替えがむずかしく、築70年程度経過した建物でした。

小屋裏をのぞいてみると、

棟の部分に雨漏り痕が見えました。

外を見ると、瓦は築年数を感じさせる状態でした。

瓦の状態としては、凍害などによる割れ、はがれは少しある程度でした。

所々、ズレが発生していましたので、今後、何十年も手を入れずに持つ状態ではありませんでした。

築年数と瓦の状態を見て、「葺き替えはいかがですか?」とお客様に伺いました。

すると、

予算もあるので、雨漏りだけを直してもらいたい!

とのお考えを確認させていただきました。

そこで、雨漏りの調査を行い、棟からの雨漏りだとわかりました。

雨漏りの部分補修

そこで、棟部分のみ葺き直しを提案して、補修を行いました。

棟部分の、のし積み棟を解体して、葺き直ししました。

セメントなどでお客様自身がDIYした部分は、瓦が再利用できないので、新しい瓦に差し替え直しました。

(葺き土+しっくい)の代わりに、なんばんしっくいという耐久性のある現在仕様で葺き直しました。

棟部も耐震・耐風性が高い、軽量にもなるので、棟を低くしてガイドライン工法としました。

桟瓦で割れ・かけがある部分は、新しい瓦に差し替えました。

このように、日本瓦はメンテナンス性が高いので、ご予算に合わせた部分補修も可能です。

 

ポイントまとめ
・日本瓦屋根は築年数によっては、葺き替えをススメられる。
・しかし、予算に合わせた部分補修も可能である。
・雨漏り補修で、部分補修と最初から依頼することも大事。

 

屋根に関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事