リフォマガ2019 11月号に掲載されました! リフォーム営業のひろば!

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    リフォマガ2019 11月号に、リフォーム営業のひろばで
    弊社が紹介されました!

リフォマガ2019 11月号に掲載されました!

リフォーム営業のひろばで、弊社が紹介されました。

リフォマガとは、リフォームセールスマガジンの略です。

頑張るリフォーム営業を応援!とのことで、

一般のお客様用というよりは、リフォーム業界の人向けの雑誌です。

その中のリフォーム営業のひろばの部分で、弊社の屋根リフォームに対して、取材を受けました。

 

屋根から笑顔を作るために お客様に寄り添ったアドバイスを

会社の活動風景も併せて、写真で紹介されました。

古い日本瓦の棟部が地震・台風の被害を受けやすい。

台風15号の千葉県の被害を見ても、古い日本瓦の棟部が被害を受けています。

今から30年以上前の古い日本瓦屋根は、ほとんどメンテナンスされずに健在しています。

雨漏りをすることもなく、変色することもなく、屋根の頂部でがんばっています。

しかし、留め付け方法が現在のガイドライン工法(耐震・耐風仕様)に比べて、弱く耐力がない状態です。

震度5弱までは、耐えることができるのですが、震度6弱になると倒壊するリスクがあります。

他の補修と併せて、棟部だけでも葺き直しなどしてもらうと安全な屋根となります。

 

残念ながら、日本瓦屋根を金属屋根に葺き替えるリフォーム営業が広まっていますが、あまり、お客様のためではないと考えています。

金属屋根に葺き替えを望まないお客様も多くいらっしゃいます。

お客様の費用負担がとても大きいからです。

 

お客様の要望をよくお聞きして、屋根プロとしての提案ができるように心がけています。

 

屋根に関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 5 人中 5 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事