7月スカイライトチューブ特別体感会を開催します。

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から部屋を明るくし、人の笑顔を作りたい!!!
    スカイライトチューブ愛知・神清(かみせい)の神谷です。

    曇りや雨が続く梅雨時期で、部屋が暗いと気分が落ち込んでいる方へ。
    屋根から太陽の光を取り込むスカイライトチューブ特別体感会を開催します!

本記事はこんな人にお勧めします。

隣地に建物が建ち、部屋が暗くなったとお悩みの人。

狭小地の立地で、夏しか日射が入ってこないとお悩みの人。

日中も常に電気を付けて生活する部屋をお持ちの人。

この記事で伝えたいこと

7 月に入り、梅雨前線により、雨・曇りの天気予報が続いています。

コロナ禍での新しい生活様式を取組みながらも、気持ちが滅入ってしまう方もいらっしゃると思います。

在宅勤務で、家から出ることが少なくなった方も。

家の設計もコロナ禍に併せて、変わってきているようです。

太陽光を浴びることがコロナに対しても免疫力を高めるそうです。

また、朝型の生活とするためには、朝日を浴びることが重要です。

そんな太陽光を屋根から部屋へ導く、スカイライトチューブの体感会のお知らせです。

お問い合わせはこちら

7月17日(金)・18日(土)に特別体感会を開催します!

スカイライトチューブ特別体感会のお知らせ

日時:2020年7月18・19日(金・土)AM10:00~PM4:00(雨天決行)

場所:愛知県半田市(株)神清(かみせい)3F展示場

7 月に入っても、梅雨前線により、雨・曇りの天気予報が続いています。

コロナ禍での新しい生活様式を取組みながらも、気持ちが滅入ってしまう方もいらっしゃると思います。

在宅勤務で、家から出ることが少なくなった方も。

家の設計もコロナ禍に併せて、変わってきているようです。

太陽光を浴びることがコロナに対しても免疫力を高めるそうです。

また、朝型の生活とするためには、朝日を浴びることが重要です。

そんな太陽光を屋根から部屋へ導く、スカイライトチューブの体感会のお知らせです。

太陽の自然の光の心地良さを実際のスカイライトチューブで体感していただけます!

 

室内の散光カバーに四角タイプが加わりました。

愛知の部屋が暗いとお困りの方が続々とスカイライトチューブで、屋根から部屋を明るくし、喜んでいただいています。

自然エネルギーとして、太陽光の利用は、みなさんも検討されたことも多いと思います。

今までは、室内の散光カバーが丸いタイプだけでした。

より洋風のお部屋イメージにも対応するように、四角タイプの散光カバーができました!

先日、愛知県初の四角タイプを取り付けました!

お値段は少し高くなりますが、面積が大きくなり、お客様の印象も上々でした!

レンズは2種類あり、やわらかい光を好まれる方は、ジャストフロスト(上)、

輝きを好まれる方は、オプティ(下)となります!

 

ぜひ、子供部屋・リモートスペースに設置をご検討ください。

設置されるほとんどの方が隣家が建って、窓からの太陽光が入らなくなり、部屋が暗いとお困りの方です。

そのため、1階リビング・ダイニングに設置を検討される方が多いです。

そんな中、コロナ禍では、2Fの子供部屋やリモートスペースに設置をされては、いかがでしょうか。

コロナの第2波も心配されている中、再び、自粛要請が来るとも限りません。

1日中、家を出ず、パソコン・スマホ・タブレットを見続ける生活は、体の調子を崩す可能性があります。

自然と、夜型の生活になってしまうのです。

そこで、屋根から太陽の光を取り入れることで、生活のリズムを守ることができます。

窓には、雨戸・カーテンなどがあり、遮ることができます。

しかし、屋根からの光は、遮ることができません。

朝日の明るさを感じることは、子供たちの体・心にとって、大事なことです。

ぜひ、これから新築を考える人、子供がまだ小さいご家庭では、子供部屋へスカイライトチューブの設置をご検討ください。

 

スカイライトチューブに関して、詳しい内容はこちらをご覧ください!

「部屋が暗い」/日当たり問題をズバッと解決するよ! 採光リフォーム/新型天窓ありかも!!

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事