ボロボロのパミール屋根は葺き替えましょう 安心できますよ。②【愛知県日進市】

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    創業150年三州瓦の老舗で、生産・販売・工事を行っています。
    建築業界誌「日経ホームビルダー」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

パミール屋根で困っている人。

塗装できないと言われ、カバー工法か葺き替えで迷っている人。

 

この記事で伝えたいこと

「パミール屋根のメンテナンスで悩んでいる。」とご相談がありました。

伺ってみると、パミール屋根がボロボロになっていました。

10年で塗装もできなスレート屋根のメンテナンスは頭が痛いですね。

お客様からは、瓦屋根に葺き替えをしたいと要望され、F形瓦で葺き替えしました。

簡単にご紹介します。

お問い合わせはこちら

工事の概要

パミール屋根がメンテナンス⇒瓦屋根へ葺き替え工事

工期:10日

築年数:15年

ボロボロのパミール屋根は葺き替えましょう 安心できますよ。②

築15年の建物で、パミール屋根のメンテナンスのご相談がありました。

伺ってみると、パミール屋根が驚くほどボロボロになっていました。

塗装は全く可能性がないので、カバー工法か葺き替えかで、お悩みになっていました。

パミールは水を吸いこみやすい特徴があります。

カバー工法では、水分を含んだパミールを屋根に閉じ込めるため、野地板の劣化につながるリスクがあると説明しました。

お客様もこれ以上、屋根のメンテナンスで痛い目に遭いたくないとのことでした。

できれば、今後メンテナンスしたくないので、瓦屋根への葺き替えを要望されました。

「瓦屋根だとパミール屋根に比べて重くなるので、耐震性は別途、建築会社・設計士さんに確認してください。」と説明して、瓦屋根・金属屋根で御見積いたしました。

結果、瓦屋根で葺き替えを行うことになりました。

10年以上住むならば、カバー工法ではなく葺き替えを行いましょう。

簡単に、ご紹介します。

 

工事の概要

工事前

パミール屋根はボロボロになっていました。

工事中

パミールの劣化はひどく、はがれに加えて藻も生えていました。

ここまでひどいパミールはめずらしいです。

パミールの基材の中に藻が生えるほど、パミールが水を吸っている証拠です。

緑化屋根みたいになっていました。

パミールをはがしていきます。

くぎやタッカーも錆びていました。

パミールをはがして、防水シートの下の野地板を確認しましたが、野地板は劣化していませんでした。

新しい改質アスファルトルーフィングを設置しました。

瓦屋根の下地となるルーフテープ・瓦桟木・棟補強金物を設置します。

瓦屋根は葺き上がりがよりフラットとなるF形防災瓦を設置しました。

棟際のカットした瓦もしっかりと留め付けして、すべての瓦を留め付けます。

瓦屋根の耐震・耐風工法であるガイドライン工法での施工です。

棟部はなんばんしっくいを使用して、しっくいの塗り替えメンテナンスの必要もありません。

棟部を施工して、冠瓦はパッキン付きビスで留め付けして完成です。

 

パミール屋根の葺き替え ビフォー・アフター

工事前

工事後

パミール屋根を葺き替えすれば、屋根は新築同然です。

長期にわたって、台風・地震にも耐えることができる安全・安心・安価の屋根です。

今後、安心して暮らすことができます。

パミール屋根のメンテナンスでお困りの方は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
愛知県で雨漏りでお困りの方は、是非、ご相談・ご依頼くださいね!
詳しくは、こちらをご覧ください!
↓↓↓
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事