日本瓦屋根の一体棟瓦の破損 新しい瓦で復旧しました。【愛知県豊田市】

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、高浜市・半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経ホームビルダー」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

瓦を探している人。

瓦の破損で交換したい人。

この記事で伝えたいこと

「屋根の瓦が破損したので直してほしい。」とお問合せいただきました。

伺ってみると、日本瓦屋根でした。

屋根の棟部(頂点部分)が破損していました。

よく見ると特殊な棟瓦でした。

新しい瓦に交換して補修しました。

お問い合わせはこちら

工事の概要

築10年以上の日本瓦屋根の棟部の破損 新しい棟瓦に交換して補修

工期:1日間

築年数:約10年以上

 

日本瓦屋根の一体棟瓦の破損 新しい棟瓦に交換しました。

築10年以上の日本瓦屋根の棟部が破損していました。

雨漏りはしていなかったです。

屋根に上がって、瓦をよく見ると通常ののし積み棟ではなく、特殊な棟瓦が使われていました。

棟瓦を探して、新しい瓦に交換して補修しました。

耐震用として作られた冠瓦とのし瓦が一体となった棟瓦でした。

棟瓦は長いビスでたるきに留め付けます。

棟瓦はたるき・棟補強金物を通して、建物に固定されるため、巨大地震・巨大台風でも大丈夫な仕様となっています。

簡単にご紹介します。

 

工事の手順

工事前の状態

棟瓦が破損していました。

屋根に上がってみると、瓦の下に葺き土は入っておらず、3段分ののし瓦が一体となった棟瓦がビスで留まっていました。

その上に、冠瓦とのし2段分が一体となった棟瓦があり、併せて、のし5段と冠瓦の棟に見える一体棟となっていました。

1.破損瓦の撤去

上の瓦は、下ののし3段瓦の大きな穴にパッキン付きビスで留め付けられています。

ビスを抜くことで、冠瓦を外すことができます。

2.新しい棟瓦に交換

新しい棟瓦(2段ス丸)を3段のし瓦の上に並べます。

古い瓦とは色が異なりますが、違和感はありません。

3.棟瓦をビス留めして完成

棟瓦をビス留めして完成となります。

鬼瓦と冠瓦の間をシールして出来上がりです。

 

 

工事のビフォー・アフター

工事前

工事後

瓦屋根は、このように部分補修できるため、メンテナンスは小規模で済みます。

特殊な瓦でしたら、お気軽にお問い合わせください。

屋根・雨漏りに関して、お悩みの方はお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
愛知県でお困りの方は、是非、ご相談・ご依頼くださいね!
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事