令和2年の天気を振り返るとこんな感じでしたよ

お問い合わせはこちら

令和3年は天気が続いてます

毎日天気がどうだった?と
全日本瓦工事業連盟さんのカレンダーの
裏表紙にある晴雨表に色付けをしています。

晴は「赤」曇りは「黄色」雨は「青」
雪は「白」で分けています。
一日が一つの丸ですので、
だいたい朝7時~昼12時で半円。

13時~20時くらいでもう半円て感じに
分けて色付けしています。

令和3年の今年は今のところ
冬らしい天気で晴れが多くて曇りもあるかな?
て感じでスタートしていますね。
では令和2年の去年を振り返ってみたいと
思います。高浜市の天気で表つくりを
しています。

令和2年の天気は・・・・

見にくい表になっていますが、
令和2年の天気はこんな感じだったと思います。

6月、7月は雨が多かったと思います。
そして8月、11月、12月はほとんど
晴れでした。

8月は暑い夏でしたので、天気だと屋根工事は
捗るんですが、あまりの暑さで屋根の上は
暑くなり、瓦などは太陽光線でチンチンになり
瓦の上に生卵を落とせば目玉焼きができちゃう
くらい暑い日が続きました。

年末も晴れが続きましたよ

そして年末も晴れが続きましたよ。
11月、12月は晴れで寒くもなくて
屋根工事の仕事は順調に流れる天気でしたが、
空気の乾燥が心配でした。

新型コロナ禍であまり寒くならない方がいいと
思いましたが、後半では雪もパラついたりして
一昨年の令和元年よりも寒い12月で例年の
ようでしたね。

今年もしっかりと晴雨表を付けて
天気の動向をとらえていきたいと思います。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事