バルコニーの雨漏り調査 放置してカビ・錆びが進行【愛知県蒲郡市】

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、高浜市・半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経アーキテクチュア」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

バルコニーからの雨漏りで困っている人。

 

 

この記事で伝えたいこと

バルコニーからの雨漏りで困っているとご相談をいただきました。

お伺いしてみると、2Fダイニングの天井がクロスにシミが発生していました。

かなり前から雨漏りしていたようで、知り合いの業者に依頼しても止まらなかったそうです。

雨漏り調査して、浸入箇所を特定しました。

雨漏り調査の内容をご紹介します。

 

お問い合わせはこちら

調査の概要

3階バルコニーからの雨漏り⇒ 外壁・サッシまわりから浸入

工期:1日間

築年数:約15年

 

バルコニーの雨漏り調査 放置してカビ・錆びが進行

バルコニーからの雨漏りで困っているとご相談をいただきました。

お伺いしてみると、2Fダイニングの天井がクロスにシミが発生していました。

お客様にお聞きすると、「かなり前から雨漏りしていていて、知り合いの業者に直してもらったけど止まらなかった。原因を調査してほしい。」とのことでした。

そこで、雨漏り調査を実施し、浸入箇所を特定しました。

2F天井上を確認すると、室内へ雨漏りしていなくても、天井上には頻繁に雨水が浸入している形跡がありました。

天井を留め付けている軽天材やボルトが錆びて、腐食していました。

天井ボードの裏側はカビが広範囲に拡がっていました。

知り合いの業者に直してもらっていても、雨漏りが止まらない場合は、雨漏り調査をしっかりできる業者に変更することをオススメします。

建物の劣化が進行すると大規模修理となってしまいますので、ご注意ください

簡単にご紹介します。

 

雨漏り調査

雨漏りの状況

伺ってみると2Fダイニング天井に、クロスのシミがありました。

雨漏りの原因がわからなかったようで、点検口が設置してありました。

赤外線サーモグラフィで熱画像を確認しましたが乾いているようで、雨漏りによる温度低下はありませんでした。

散水調査

3Fバルコニーを目視で確認しましたが、明らかな不具合はありませんでした。

そこで、雨漏り箇所の真上を散水調査しました。

シート防水のコーナー部の継目を散水しました。

⇒漏水なし。

シート防水の上端の押さえ金具部分を散水しました。

ここにはシーリング補修の痕がありました。

⇒漏水なし。

外壁サイディングの相じゃくり部分を散水しました。

⇒漏水なし。

サイディングの出隅部目地を散水しました。

⇒漏水なし。

真上の南面からは漏水しませんでした。

 

次に、屋根の下にはなるのですが、西面を散水します。

サッシと外壁と水切りの取り合い部を散水しました。

この部分もシーリング補修が行われていました。

⇒漏水あり。

断熱材の上に水滴が滴下してきました。

熱画像でも漏水による水分低下を示しました。

 

浸入箇所はシーリング補修してありました。

勘によるシーリング補修では、入念な施工とならない場合が多いのです。

散水調査をして浸入箇所を特定できるとシーリングの仕方が変わってきますので、散水調査をしっかりできる業者をオススメします。

 

恐らく、新築時から雨水浸入はしていたようで、天井上にはカビ・錆びが進行していました。

なかなか直らないという業者のペースではなく、違う業者を探して放置しないことも家を劣化させないことにつながります。

 

屋根・雨漏りに関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせくださいね。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
愛知県でお困りの方は、是非、ご相談・ご依頼くださいね!
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事