伊勢神宮 内宮をご参拝しましたよ 祈年祭の日でした

お問い合わせはこちら

伊勢神宮 内宮のご参拝です

外宮に続いて内宮のご参拝です。
やはりこちらは大勢の方がご参拝に訪れています。
凛とした成熟感もありますが、やはり大勢の方が
動いているので少し賑やかな感じです。

宇治橋を渡って進みます。
綺麗に整備されている庭の中の参道を進みます。

神楽殿を過ぎて内宮の正宮が見えてくると
凄い人の列が・・・・。

正宮の出口にも衛士が立っています。
エー、そんなに参拝される人が居るんだ・・・。
と、気後れしてしまいました。

祈年祭の神事でストップしていました (-_-;)

参拝した日が2月17日で「祈年祭」の日でした。

一般的には11月23日の祝日に執り行われる
「新嘗祭(にいなめさい)」「しんじょうさい」とも
言われる秋の収穫や恵みに感謝する大祭の方が有名ですが、
実りを刈る、感謝するにはタネをまかなければなりません。

一年の豊作・五穀豊穣を祈る「祈年祭」「としごいのまつり」とも
呼ばれる大祭で国家の安泰と国家の繁栄を祈る神事でした。

神事が終わって宮司さん達のご一行が歩いてくると
オレンジ色の袴姿の「黒田清子さん」が歩いて
こられました。今の天王陛下の妹さんにあたられます。

伊勢神宮の祭主(さいしゅ)(まつりのつかさ)を
黒田清子さんは務められています。
宗教法人としての規則により祭主として「勅旨を奉じて定める」
こととして女性の元皇族が務められています。

自分も参拝させていただきました・・・

他の方かだに続いて正宮でお詣りをさせて頂きました。
感謝を述べさせていただきました。

荒祭宮に回ったら、神事の最中で
隅の方で拝ませていただきました。

今年も日本国が
安泰で繁栄されますように。
<(_ _)>

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

この記事に関連するサービスメニュー

関連工事メニュー

関連記事

この記事を読んだ人にオススメの記事