屋根 雨漏り修理 ② 下地補強 (碧南)

お問い合わせはこちら

屋根の雨漏り修理 下地補強

屋根の雨漏り修理をご紹介いたします。

(碧南にて)

築100・50年の瓦屋根が雨漏りしたため、全面葺き替え工事で、瓦・土をめくった後、下地補強を行いました。

 

めくり現場? 5

下地は、野地板(バラ板)となっていました。

垂木が細いためか、野地板同士が重なっていました。通常、野地板は同じレベルになるように、施工するのですが、重ねてあるため、段差が発生していました。

めくり現場? 2

そこで、重なっている野地板をカットして、段差を解消しました。

めくり現場? 4

次に、野地板の上に、野地合板を施工しました。

野地合板を全面に貼り付けました。

めくり現場? 1

 

その上に、下葺き材として、遮熱ルーフィングを施工しました。

防水ルーフィングの表面に、遮熱材が蒸着してあるものです。今まで、夏の昼間、土葺が蓄熱して、室内が高温になることを防いでいたのですが、土をめくったために、その効果が期待できません。

そこで、その変わりに、遮熱ルーフィングを使用し、夏の昼間の室内の温度上昇を軽減させます。

屋根替えをして、返って、快適性が損なわれては、お施主様にとって、マイナスとなります。無断熱の住宅の葺き替えには有効です。

 

また、赤い矢印は縦桟の役目となるルーフテープを示しています。ルーフテープは垂木上に位置しています。ルーフィングを留めるステープルはルーフテープ上に打ってあります。

強風時に瓦から雨水が浸入しても、ルーフィング下に浸入しないホールレス工法

としています。

折角の屋根葺き替えのため、今までよりの高性能化(遮熱・高防水)を実現させています。

めくり現場? 3

続いて、瓦桟木を施工しました。

矢印の部分は、ルーフテープの上に、屋根面の不陸調整木切れを入れて、瓦桟木を留めつけています。

築年数の経過した屋根替えは、野地面の不陸(凹凸)が大きくなっています。そのため、その凹んでいる部分に、木切れや縦桟木を入れて、レベルを真直ぐにしています。

折角の屋根替えですので、デザイン・美観的にも、きれいに仕上がるように、施工させていただいています。

葺き替えの下地補強は、ただ、瓦を施工するために行うのではなく、現状よりも性能・デザイン等が向上する工夫が必要です。お施主様にも、喜んでいただけます。  (#⌒∇⌒#)ゞ

 

お問い合わせはこちら

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。