屋根 雨漏り修理 ① めくり (碧南)

お問い合わせはこちら

屋根の雨漏り修理 屋根めくり

屋根の雨漏り修理をご紹介いたします。 (碧南にて)

築100・50年の瓦屋根が雨漏りしたため、全面葺き替え工事を行いました。

まず、古い瓦を屋根から降ろします。

次に、土葺きの土を降ろします。

めくり現場?

100年前の土葺きです。左側の土の凹凸は瓦の裏面形状に合った模様になっています。100年経っても、崩れることがなく、しっかり瓦とフィットしています。

めくり現場?

こちらは、50年前の屋根です。土を降ろすと野地板となっていました。

土葺の30年程度前のものは、野地板の上に杉皮などが入っている現場を見ますが、50年・100年の両方とも杉皮は入っていませんでした。

めくり現場?

50年前の土留め桟木を留めていた釘です。全く錆びていませんでした。

めくり現場?

土をダンプカーに積み込んでいるところです。2tダンプ3杯の6tの土が屋根から降ろされ、廃棄しました。

この現場は、大量な瓦と土を廃棄しました。屋根の葺き替えの場合、途中での雨漏りが心配ですので、短期間に行います。この日は、8人で廃棄と養生を一気に行いました。お施主様にも安心していただきました。

めくり現場?

野地板の上に、杉板・ルーフィング等がなかったため、野地板の間から土が天井に若干、落下しました。

野地板の一部を取り去り、屋根面から天井上に入ります。

掃除機、ほうきなどを使用して、きれいに天井上を掃除しました。

次に、新しく野地を作成していきますが、それは、次回にご紹介いたします。

雨漏りはしていましたが、野地板・垂木等の劣化は見られませんでした。無垢板・土は乾燥していれば、長寿命であることをあらためて再確認できました。 (#⌒∇⌒#)ゞ

お問い合わせはこちら
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事