築20年セメント屋根材の葺き替え前の状態です!

お問い合わせはこちら

築20年セメント屋根材の葺き替え前の状態!

セメント屋根材の葺き替え現場です。

築20年経過したセメント屋根材は表面がかなり劣化していました。

 

セメント瓦?

 

セメント屋根材の表面は塗装が劣化していて、コケが生えていました。

 

セメント瓦?

ケラバでは端部がかけていました。

 

セメント瓦?

 

ケラバを緊結しているビスが浮いていました。

長年の微震動などでビス抜けいました。

セメント瓦?

 

 

棟部には、鳥の巣がありました。

わずかな隙間でもこのように巣が見られることがあります。

 

セメント製品は塗装の劣化とともに、屋根材の吸水率が高くなります。屋根材が水を含んでいるため、コケ・カビ等が全面に発生してしまいます。

 

自宅の屋根に、コケ・カビ等がたくさんあるのは、健康的心配になりますね。 (#⌒∇⌒#)ゞ

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。