旧家の屋根( 築106年現役の住宅)の屋根調査を実施しました! in  瀬戸

築106年現役の住宅、旧家の屋根を調査しました!

尾張瀬戸駅のすぐ近くにある旧家の屋根を点検しました。

明治の終わりに建てられた住居でした。(築106年)
{75CD1F45-0EC9-4E0D-B3E5-7F884F7D6785}

木造瓦屋根で、木製建具・木格子した。

{6E59EDA9-D496-4A84-A7C6-97D5003DA614}

数軒が並んでいて、昔の雰囲気となっていました。

瀬戸焼を船で輸出する出発地として、駅周辺が栄えていたそうです。
{6DCD11C4-B4BE-4FEA-AA6B-17B42C08AC73}

棟の左側が商店街に面していて、右側が裏側となっています。

一度、修繕をしたそうで、左側は古い瓦、右側は修繕した瓦となっていました。
街並みを守るために修繕した時に、古い瓦の中で程度のいい瓦を商店街に施工したと思われます。
{43EEABAC-87FE-4708-8204-FBBBA92E8154}

土葺き屋根でその下は樹木の皮となっていました。

{A50C32FA-EDAA-479A-A937-E793E590D43C}

瓦の重なりが大きいサイズになっていました。

{BFAEFD8B-0E11-4AEF-8D02-52FF9762FC80}

古い瓦はところどころ、表面の剥がれがありました。

若干、凍害による剥離が発生していました。
棟はのし積みとなっていました。
もちろん旧工法で、耐震性はありません。
どのように補修するのかは要検討となります。
{0D1FD0BC-4FB9-4297-A10D-BF2100555023}
大きな鬼瓦が設置されていました。
鬼瓦は補修した時に、交換したそうです。
{AFB7E3BB-FAA9-4081-BAFD-67649CCA9846}

隣の土蔵の屋根も100年程度経過していました。

{E8C00702-CAE7-4E40-8DD6-C8B063F923CE}

庭先に昔の鬼瓦が飾ってありました。

築100年を超える貴重な屋根を調査しました。
定期的にメンテナンスし、かつ、街並みも考慮・工夫しながら屋根・建物を維持していることをお聞きしました。
長寿命住宅の秘訣を教えていただきました。 ^_−☆
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事