瓦屋根からスレート屋根に葺き替えこともあります!

瓦屋根からスレート屋根に葺き替えることもあります!

みなさま。こんにちは。

屋根から人の笑顔を作りたい!!!

神清(カミセイ)のDr.神谷です。

瓦が好きな私ですが、お施主さまの要望であれば、スレート屋根に葺き替えすることもあります。

もちろん、瓦屋根のいい点をご説明はいたします。

その上で、スレート屋根をご希望されれば、その中で最善の提案をいたします。

簡単にご紹介します!

日本瓦・釉薬シルバー色の瓦屋根です。

平部は土葺き工法で、棟部は旧工法と耐震性が低い仕様となっていました。

瓦や葺き土をめくるとバラ板の野地板が出現しました。

写真からもわかるように野地板の劣化はありませんでした。

バラ板の上に野地合板を増し貼りします。

スレート屋根では、バラ板の野地板は施工禁止となっています。

バラ板の不陸が大きいとスレート屋根が施工できないので、野地合板を増し貼りするときに確認をします。

野地合板の上には、防水性の高い改質アスファルトルーフィングを施工しました。

その上にスレート屋根を施工します。

スレート屋根の表面塗装は通常品に比べて耐久性が高い、コロニアルグラッサを使用します。

全面にスレート屋根を施工して、完成となります。

瓦屋根からシンプルなスレート屋根への葺き替えとなりました。

葺き替えは雨を嫌いますので、天候のいい時期に行いたいものです!

雨漏りなどで困っている方は、梅雨前には補修をしましょうね!

お問い合わせはこちら
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事