セメント屋根材の雨漏り MFシルキー(遮熱ガルバリウム鋼板横葺き)で葺き替え事例【愛知県知多郡】

工事の概要

屋根材:厚形セメント屋根材⇒ MFシルキー(遮熱/ガルバリウム鋼板・横葺き)

価格:約16,000円/㎡(足場、下地補強抜き)

工期:10日間

築年数:26年 90㎡(30坪弱)

 

雨漏りの補修はシーリングでは無理!葺き替えを

モニエルと呼ばれるセメント屋根材が長年、雨漏りしていた現場でした。

雨漏りを止めようと屋根材の隙間、すべてにシーリングが施工されていました。

しかし、残念ながら雨漏りが止まるというよりは、排水できず、さらに、部分補修もできない状態となっていました。

モニエルや瓦などは雨が浸入しても、下地の上を流れて、軒先から排水する構造となっていますので、シーリングでふさぐのではなく、部分的に屋根材をめくって下地を直すことをお勧めします!

この物件では増築部分もあり、複雑な屋根となっていましたので、MFシルキー(遮熱/ガルバリウム鋼板・横葺き)で葺き替えを行いました。

MFシルキーは裏面に硬質発泡ウレタンフォームが吹付けてあるので、金属屋根の中では遮音性が優れています。

モニエルのような遮音性のいい屋根材からの葺き替えには、遮音性の高いMFシルキーをお勧めします!

 

工事の手順

工事前の状態

工事前の屋根の状態です。

棟部や平部もシーリング・しっくいでゴテゴテの状態です。

 

1.古い屋根材をめくる

セメント屋根材をめくって、瓦桟木を取り除きます。

2.下地を補強する

野地板がバラ板だったので、構造用合板を増し貼りして、下地を補強します。

3.新しいルーフィングを貼る

新しいルーフィング(防水材)を施工します。

ルーフィング材は高級品(防水性・耐久性が高い)となる改質アスファルトルーフィングを施工しました。

4.MFシルキーを施工する

施工完了後の屋根です。

古いセメント屋根材からMFシルキーに葺き替えることで、雨漏りが止まる以外にも、いくつかの性能アップが期待できます!

*屋根の軽量化⇒約1/10の重さになりました。

*美観の向上・・・家の印象も見違えるほど、若返ります。

*遮熱性アップ・・・遮熱性のある鋼板のため、同じ赤色でも小屋裏の温度を低下させます。

MFシルキーに関して詳しくはこちらをご覧ください!

MFシルキー

 

お問い合わせはこちら
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事