9月6日瓦屋根の水密性能評価について、日本建築学会大会で発表します!

日本建築学会大会で発表します!

みなさま。こんにちは。

屋根から人の笑顔を作りたい!!!

神清(かみせい)のDr.神谷です。

やっと、酷暑が一段落して、少し夏の終わりを感じる雰囲気がありますね。

夏の終わりには、毎年、日本建築学会大会が開催されます。

今年の開催地は東北地方ということで、東北大学川内北キャンパスにて、9月4日(火)-6日(木)の日程となっています。

これは送られてきた大会のプログラムです。

2009年から建築学会で発表するようになりましたが、この年も東北・仙台でした。

たしか、2009年は小屋裏換気について発表しました。

 

瓦屋根の水密性能評価について発表します!

今年は瓦屋根の水密性能評価について、行った実験結果を発表します。

実験自体は、愛知県陶器瓦工業組合と(財)建材試験センター・あいち産業科学技術総合センター三河窯業試験場の3者で行い、石川名誉教授(東海大学)にご指導をいただきました。

試験方法としては、送風散水試験と圧力箱による漏水試験との比較を行いました。

発表者は、愛陶工に属する田中さんが行います。

いろいろな散水試験に立ち会うと水の浸入を防ぐことのむずかしさを痛感します!

瓦屋根の漏水試験について、ご興味のある方は是非どうぞ!

 

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事