緊結(きんけつ)ってなに? 屋根の用語・Q&A 

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    緊結(きんけつ)とは、瓦を野地板、又は瓦同士で留めることを言います。
    簡単にご紹介します!

緊結(きんけつ)ってなに?

緊結とは、瓦を野地板、又は瓦同士で留め付けることを言います。

昔の瓦の緊結材は、葺き土(ふきつち)・竹釘(たけくぎ)・松釘(まつくぎ)等でした。

現在では、銅線・ホルマル被覆銅線・ステンレス線・銅釘・黄銅釘・ステンレス釘・ステンレスビス・パッキン付きステンレスビス等で瓦を留め付けます。

また、棟などでは、補助材として、棟補強金物・たるき・寸切りボルト・横筋・接着剤等を用いて、瓦を留め付けます。

 

現在の瓦屋根は、ガイドライン工法に準ずる形で、耐震性能・耐風性能を高めた安全・安心の緊結を行っています。

下の写真はその一例です。

瓦はステンレス釘で瓦桟木・野地板に留め付けられています。

冠瓦は棟補強金物・たるきを介して、野地板に留め付けられています。

冠瓦は1枚毎にパッキン付きステンレスビスで、たるきに留め付けられています。

 

因みに、竹釘(たけくぎ)とは、良質の竹を長さ90㎜(3寸)・太さは瓦の留め穴の大きさに合わせて削り、鍋で糠(ぬか)と共に黄金色になるまで煎(い)り、造られたもののことを言います。

 

図解 屋根に関するQ&Aでは、よく聞かれる屋根の質問にお答えしています。

【屋根用語・Q&A集】屋根の用語・疑問を図解でやさしくお答えしています!

 

屋根のご相談等がありましたら、ご連絡くださいね。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事