庇(ひさし)ってなに? 屋根の用語・Q&A 

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    庇(ひさし)とは、建物の窓・出入口・縁側などの上部に張り出す片流れの小屋根です。
    雨よけや日よけとして、機能しています。
    簡単にご紹介します!

庇(ひさし)ってなに?

庇(ひさし)とは、建物の開口部(窓・出入口・縁側)の上に取り付けられる雨よけや日よけ用の片流れの小屋根のことです。

小庇(こびさし)や霧よけ(きりよけ)とも呼ばれます。

勝手口のドアの上についている小さな雨よけです。

庇の仕上げとしては、金属板金で加工されることが多いです。

アルミ製のものやガラスなどのデザイン性の高い既製品の庇が使われることもあります。

木製の窓には、必需品です。

アルミサッシではなくて、古民家などの木製窓では、軒の出のがない場合、庇は雨仕舞(あまじまい)の観点から必ず用いられてきました。

木製窓に直接、雨が当たるのを極力、防ぐ役割をはたしていました。

腕木(うでぎ)に小さな桁(けた)を掛け、垂木(たるき)を掛け、野地板を張り、銅板や瓦などで、意匠性の高い庇もあります。(上の写真)

また、屋根の軒の出から窓までに、距離がある場合にも、庇を窓上に設置することもあります。(上の写真)

 

以前、デザイン住宅で、既製品のサッシではなく、現場で造り付けの木製サッシにおいて、雨漏りした現場がありました。

庇も設置されておらず、直接、雨掛かりする木製サッシでした。(念のため、ご紹介しておきます。)

 

図解 屋根に関するQ&Aでは、よく聞かれる屋根の質問にお答えしています。

【屋根用語・Q&A集】屋根の用語・疑問を図解でやさしくお答えしています!

 

屋根のご相談等がありましたら、ご連絡くださいね。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事